Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSアクセスキー作成

More than 1 year has passed since last update.

TerraformでAWSリソースの自動作成を行うためには、ACCESS_KEY_ID, SECRET_ACCESS_KEYが必要になります。事前準備として以下の手順が必須になります。

1. グループ作成

  1. AWSマネージメントコンソールに接続します。
  2. IAM コンソールにアクセスします。
  3. 左ペインから[グループ]を選択します。
  4. 画面上部から[新しいグループの作成]ボタンを押します。
  5. グループ名を入力して、画面下の[次のステップ]ボタンを押します。
  6. ポリシー名が一覧で表示されます。必要なポリシーを選択して[次のステップ]ボタンを押します。(複数選択可)
    ・AmazonRoute53FullAccess
    ・AmazonEC2FullAccess
    ・AmasonS3FullAccess ...etc
    ※ ELBはEC2に含まれています。 ※ 間違ってたらコメントください。

  7. 確認画面となります。問題なければそのまま[グループの作成]ボタンを押します。戻りたい場合には、[ポリシーの編集]をクリックしましょう。

2. ユーザー作成

  1. 左ペインから[ユーザー]を選択ます。
  2. 画面上部から[ユーザーを追加]ボタンを押します。
  3. ユーザー名を入力します。
  4. アクセスの種類では、[プログラムによるアクセス]を選択して、画面下の[次のステップ:アクセス権限]ボタンを押します。
  5. ユーザーをグループに追加します。「1.グループ作成」で作ったグループ名のチェックボックスをONにして[次のステップ:確認]ボタンを押します。
  6. [ユーザーの作成]ボタンを押します。

3. アクセスキーID、シークレットアクセスキーの確認

  1. アクセスキーIDが表示されているので、確認します。
  2. シークレットアクセスキーは、[表示]をクリックすることで表示させます。
  3. (必要であれば)[.csvのダウンロード]を押すことで、以下の内容が表示されたファイルをダウンロードできます。

    ・User name
    ・Password
    ・Access key ID
    ・Secret access key
    ※ シークレットアクセスキーは、作成時にしか確認できません。忘れた場合は、再度アクセスキーIDの再作成を実施します。

  4. [閉じる]ボタンを押して終了。

miwato
headwaters
常に新しい技術を取り込み、ありとあらゆる技術を駆使してビジネスを仕掛けるエンジニア集団です。技術力をベースに世の中の課題を解決しつつ、クライアントの強みを生かしたスタートアップインテグレーターとして共に事業も展開しています。「AI企画開発​」「マルチAIプラットフォーム(SyncLect)」「ロボットアプリ企画開発​」「React Native/Monaca/PWAアプリ開発」...etc他多数
http://www.headwaters.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした