Help us understand the problem. What is going on with this article?

PWA+Angular8+AWS amplifyを試す PART#2

きっかけ

最近話題のPWAを試してみようと思い、メモを兼ねてQiitaへの投稿を始めてみた。
本業は組込みシステムのソフトウェアに携わっており、WEB系は初心者です。
初心者ながら少しずつ成長する姿を見守っていただければ幸いです。
アドバイス等頂けると助かります。

PART2

PART2では、PART1で作成したプロジェクトをGitHubリポジトリに登録します。

  1. GitHubの準備(リモートリポジトリ作成)
  2. ローカルリポジトリを作成
  3. ローカルリポジトリにファイル変更点を追加(インデックス追加)
  4. ローカルリポジトリのインデックスに追加したファイルを登録
  5. 追加したインデックスをGitHubに作成
  6. リモートリポジトリにデータを送信

1. GitHubの準備(リモートリポジトリ作成)

新規リポジトリを追加します。

1.jpg

リポジトリの作成

Repository Nameを入力して、「Create repository」を押下します。
Initialize this repositiory with a READMEのチェックを外します。
※ng newで作成済みのため
2.jpg

URIコピー

作成されたレポジトリのURIをコピーします。
これは後ほど使います。
3.jpg

2. ローカルリポジトリを作成

git init

3. ローカルリポジトリにファイル変更点を追加(インデックス追加)

git add ファイル名

"git add ." 全て追加する場合

4. ローカルリポジトリのインデックスに追加したファイルを登録

git commit -m "コメント"

5. 追加したインデックスをGitHubに作成

git remote add origin リポジトリURI(※)

(※)先程コピーしたURI

6. リモートリポジトリにデータを送信

git push origin master

次回

次回は、PWAに対応したソースを組み込みます。

PART1: Angular雛形作成

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away