Help us understand the problem. What is going on with this article?

弊社のアプリ開発で使っているツール群を一挙公開

More than 3 years have passed since last update.

弊社では featherという iOS、 Android 向けのツイッタークライアントを作っています。

これらアプリの開発で使っているツール(ウェブサービスなど)を一挙公開したいと思います。

自社製品の紹介だけして何もノウハウを書かないアドベントカレンダーの記事があったりして、微妙だな...って思ったのでこの記事ではそういう風にならないようにノウハウをガンガン紹介したいと思います。

  • vim とかそういう個人で使用するツールとかについては書きません
  • みんなで使ってる奴だけ紹介します

共通

iOS 版、 Android 版関係なく使われているツールたちを紹介します。

GitHub

  • issue の管理
  • コードの管理
  • プルリクエスト & レビュー

などなど無くてはならない存在で、これを中心に世界が回っています。

ZenHub

  • カンバンやバーンダウンチャートが見れます
  • カンバンではリポジトリをまたいで issue を見たり、フィルタリングしたりできるので便利です

Slack

  • チャットする奴

Jenkins

みんな大好き Jenkins

feather でどのような CI を行っているのかはこの記事で詳しく紹介しています。

App Annie

アプリの売上とかランキングとかを解析するやつです。

毎日ダウンロード数のレポートのメールが届くので一喜一憂しています。

iOS、 Android のストアに対応しています。

Twitter の Analytics

会話

黙々と開発しすぎてコミュニケーション不全にならないように弊社は会話を大事にしています。

お茶会とかを毎日開催しています。

toggl

  • 作業時間を計測するツールです
  • ざっくりとした計測ですが日々の改善に活用されています
  • 弊社での toggl の活用例はこの記事に書いてあります
    • これまじで便利です

iOS 版 feather

iOS 版の feather で使っているツールを紹介します。

fastlane

  • ビルドツールです
  • テストしたり IPA 使ったりとかすげー簡単にできます
  • iTunesConnect にスクリーンショット等をアップロードする機能が最強すぎるので皆んな使ったほうがいいです
  • これを使わない理由が存在しないのでまず最初に紹介しました

fabric

fabric は色々なツール群の総称なのですが、我々は以下の3つを使っています。

  • Crashlytics
    • クラッシュレポートを収集するやつです
  • Crashlytics beta
    • アプリのベータ版を配布するやつです
  • Answers
    • ユーザーの行動を解析するやつです
    • Google Analytics 的なやつ

Google Analytics

ユーザーの行動を解析するやつです。

Web サイトでよく使われてるのでご存じの方が多いと思いますが、アプリでも簡単に使えます。

iTunesConnect の App Analytics

Apple が提供しているアプリ解析ツールです。

App Annie では取りきれないストア閲覧数などの指標が取得できるので重宝しています。

色々グラフを重ねて表示できるので楽しいです。

Cocoapods

ライブラリを管理するやつです。

feather で使われている Podfile からライブラリ名だけ抜き出してきました。

沢山のライブラリを使っています。

Fabric
Crashlytics
Underscore.m
OAuthCore
AFNetworking
google-toolbox-for-ios
Logging
NSHash
GenCoding
SymbolFontKit
Reachability
BTBlurredView
nv-ios-http-status
MAObjCRuntime
NeetAssertionKit
NEETCalloutWebView
FMDB
HPGrowingTextView
GoogleAnalytics
FlickrKit
TKRSegueOptions
NeetMSTranslator
PocketAPI
REVOCS
ReactiveCocoa
twitter-text
LXReorderableCollectionViewFlowLayout
SECoreTextView
PSPDFTextView
SDWebImage
Ono
MBProgressHUD
Bolts
PINCache
HexColors
QBImagePickerController
CLLocationManager-blocks
DZNEmptyDataSet
GBDeviceInfo
SGNavigationProgress
STPopup
AGBlurTransition
# ここから下はテスト用
JRSwizzle
OCMock
CocoaLumberjack
CocoaHTTPServer

Gengo

  • 人力翻訳サービスです
  • アプリ内の文言やリリースノートの翻訳に使用しています
  • マジで早くて発注してから1~2時間で翻訳が完了します
    • 30分かからない時もあります

Android 版 feather

  • 基本的には iOS 版と同じです
  • 多分誰かが編集リクエストくれる...

ユーザーサポート

Zendesk

弊社ではカスタマーサポートに Zendesk を使っています(特に理由はないですが弊社ではカスタマーサポートをユーザーサポートと呼んでいます)。

少々高いですが十分な価値があります。

ユーザーからの質問などをチケットという形で管理します。

僕はユーザーサポート担当でないので細かいことまでは分かりませんがざっくりと書くと。

  • Twitter アカウントとの連携
    • 特定アカウントへのリプライをチケットとして自動で登録
  • メールとの連携
    • メールが来たらチケットとして自動で登録される
    • メールアドレスは zendesk で複数作ることができる
  • 自動返信
    • リプライやメールに対して自動返信することができる
  • 定型文返信
    • ありがちな質問に対する返信は一斉に定型文で返信できる
  • チケットに自動的にラベルをつけることができる
    • フォロワーの多い人からのリプライから作られたチケットに特定のラベルをつけたりできる
  • FAQ のページも作れる
  • Slack と連携できる
    • それ以外にも様々なツールとの連携ができる
  • このスライドが面白い: 本当は怖いカスタマーサービスの世界 こんなモンスターチケットにご用心
  • Zendesk 自体のユーザーサポート体制が優秀
    • すぐに回答をもらえる

ざっくりとですが、弊社で日常的に使われている開発 & 運用系のツールを紹介しました。

特に Zendesk などは情報があまりないので、何か気になることがあったら質問してください。

分かる範囲で答えたいと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away