Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

@miriwo

Mac Laravel 7 Authを用いたユーザ登録 ログイン ログアウトなどの機能を作成する

目的

  • Laravel6以降のバージョンのアプリでAuthを用いたログイン系の機能を付与する方法をまとめる。

ちょっとした知識

  • Authの機能はLaravel6以降だとデフォルトで用意されなくなった。
  • Laravel6以降でAuthの機能を使用したい場合は本作業を実施する必要がある。
  • 公式ドキュメントを下記に記載する。

実施環境

  • ハードウェア環境(下記の二つの環境で確認)
項目 情報 備考
OS macOS Catalina(10.15.3)
ハードウェア MacBook Air (11-inch ,2012)
プロセッサ 1.7 GHz デュアルコアIntel Core i5
メモリ 8 GB 1600 MHz DDR3
グラフィックス Intel HD Graphics 4000 1536 MB
項目 情報
OS macOS Catalina(10.15.3)
ハードウェア MacBook Pro (16-inch ,2019)
プロセッサ 2.6 GHz 6コアIntel Core i7
メモリ 16 GB 2667 MHz DDR4
グラフィックス AMD Radeon Pro 5300M 4 GB Intel UHD Graphics 630 1536 MB
  • ソフトウェア環境
項目 情報 備考
PHP バージョン 7.4.3 Homwbrewを用いて導入
Laravel バージョン 7.0.8 commposerを用いて導入
MySQLバージョン 8.0.19 for osx10.13 on x86_64 Homwbrewを用いて導入

前提条件

  • お使いのMacにNode.jsがインストールされていること。
  • ローカル開発環境でサーバを起動してブラウザから確認できるLaravel6以上のアプリがあること。
  • デフォルトのusersテーブル作成のマイグレーションファイルのマイグレートが完了していること。

実施方法概要

  1. laravel/uiのインストール
  2. Authのファイル取得
  3. フロントエンド側でのモジュール組み込み
  4. 確認

実施方法詳細

  1. laravel/uiのインストール

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行する。(環境にもよるが若干時間がかかる)

      $ composer require laravel/ui
      
  2. Authのファイル取得

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行する。

      $ php artisan ui vue --auth
      
  3. フロントエンド側でのモジュール組み込み

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行する。

      $ npm install && npm run dev
      
  4. 確認

    1. ローカルサーバを起動して下記のリンクにアクセスして、ログイン画面が表示される事を確認する。
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?