Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@miriwo

Rails6 DBのupdate_atなどに格納された日にちをYYYY-MM-DDの形で取り出す

More than 1 year has passed since last update.

目的

  • DBのcreated_atやupdate_atなどのカラムに格納された日にちの値をYYYY-MM-DD HH:MM:SSの形で取り出す方法をまとめる

困りごと

  • 特定のidのupdate_atをそのまま使用しようとすると下記の様に出力されてしまう。

    Tue, 04 Feb 2020 09:01:35 UTC +00:00
    
  • YYYY-MM-DD HH:MM:SSの形で出力したい。

    2020-02-04 09:01:35
    

結論

  • 取得したupdate_atの値を.to_sで文字列に変換することでYYYY-MM-DD HH:MM:SSで得ることができる。

書き方の例

  • Postモデルのpostsテーブルのidが1のレコードのupdate_atカラムに格納されている日にちデータをYYYY-MM-DD HH:MM:SSの形で変数に格納する方法を記載する。
  • postsデーブルのidが1のレコードに格納されているデータはすでにDBに格納されているものとする。

    #DBのpostsテーブルのidが1のレコード情報を変数@postに格納
    @post = Post.find_by(id: 1)
    #変数last_update_dateに先に取得したidが1のレコードのupdated_atをto_sメソッドにて文字列にしたものを格納する。
    last_update_date = @post.updated_at.to_s
    puts last_update_date
    
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
miriwo
web系のバックエンドの知識を習得中! 2019/07/07~毎日更新中!
boomtechcafe
埼玉県の朝霞台を拠点にエンジニアの勉強会、交流会等のイベントを企画しています! 朝霞台駅か北朝霞駅が全然行けちゃうぜってエンジニアの方がいたら是非! もくもく会とかゲーム大会とかもやれたらな~って思ってます。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?