Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails6 DBのupdate_atなどに格納された日にちをYYYY-MM-DDの形で取り出す

目的

  • DBのcreated_atやupdate_atなどのカラムに格納された日にちの値をYYYY-MM-DD HH:MM:SSの形で取り出す方法をまとめる

困りごと

  • 特定のidのupdate_atをそのまま使用しようとすると下記の様に出力されてしまう。

    Tue, 04 Feb 2020 09:01:35 UTC +00:00
    
  • YYYY-MM-DD HH:MM:SSの形で出力したい。

    2020-02-04 09:01:35
    

結論

  • 取得したupdate_atの値を.to_sで文字列に変換することでYYYY-MM-DD HH:MM:SSで得ることができる。

書き方の例

  • Postモデルのpostsテーブルのidが1のレコードのupdate_atカラムに格納されている日にちデータをYYYY-MM-DD HH:MM:SSの形で変数に格納する方法を記載する。
  • postsデーブルのidが1のレコードに格納されているデータはすでにDBに格納されているものとする。

    #DBのpostsテーブルのidが1のレコード情報を変数@postに格納
    @post = Post.find_by(id: 1)
    #変数last_update_dateに先に取得したidが1のレコードのupdated_atをto_sメソッドにて文字列にしたものを格納する。
    last_update_date = @post.updated_at.to_s
    puts last_update_date
    
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした