vimのカスタマイズについて(.vimrcなどの編集)

注意事項

前回までに読んでいてファイル構成が以下のようになっている前提で勧めます
ファイルの中身は前回のものをご覧ください

 ~/
 ├ dotfiles/
 │ └ .vim/
 │   ├ configs/
 │   │      ├ plugins/
 │   │      │     └ install/
 │   │      │       └dein.tonl
 │   │      │       
 │   │      └ users/
 │   │          └ plugins.vim
 │   └dein
 └ .vimrc

設定を書いてみよう

前回.vimrcに~/dotfiles/.vim/configs/users/においたファイルを参照するように書き込んでいるので今回はそこを使います

$ cd ~/dotfiles/.vim/configs/users
$ vim basic.vim
basic.vim
" バックアップファイルを作らない
set nobackup
" スワップファイルを作らない
set noswapfile
" 編集中のファイルが変更されたら自動で読み直す
set autoread
" バッファが編集中でもその他のファイルを開けるように
set hidden
" 入力中のコマンドをステータスに表示する
set showcmd


" 見た目系

" 行番号を表示
set number

"色をつける
syntax enable
" 現在の行を強調表示
set cursorline
" 現在の行を強調表示(縦)
set cursorcolumn

" 行末の1文字先までカーソルを移動できるように
set virtualedit=onemore
"最終行から次の行まで移動
set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,],~ 


" インデントはスマートインデント
set smartindent

" ビープ音を可視化
set visualbell

" 括弧入力時の対応する括弧を表示
set showmatch

" ステータスラインを常に表示
set laststatus=2

" コマンドラインの補完
set wildmode=list:longest

" Tab系

" Tab文字を半角スペースにする
set expandtab

" 行頭以外のTab文字の表示幅(スペースいくつ分)
set tabstop=2

" 行頭でのTab文字の表示幅
set shiftwidth=2

"改行時に前の行のインデントを継続
set autoindent

"連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅
set softtabstop=2

"ファイル作成禁止
set viminfo=
set noundofile

"コマンド補完
set wildmenu

"ペースト時のインデント整理
"if &term =~ "xterm"
"  let &t_SI .="\e[?2004h"
"  let &t_EI .="\e[2004l"
"  let &pastetoggle = "\e[201~"
"
"  function XTermPastBegin(net)
"    set paste
"    return a:ret
"  endfunction
"  inormap <special><expr><Esc>[200~XTermPasteBegin("")
"endif

"バックスペース有効化
set backspace=indent,eol,start

これだけでもかなり変わっているかもしれません
自分はhttps://github.com/mirachan/setを使用しているので
参考にしてください

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.