windows10のvagrant環境や使い方メモ

  • 4
    いいね
  • 3
    コメント

環境作り(virtualbox + vagrant + teraterm)
virtualboxとvagrantをインストールする。

versionの違いでできない場合があります。現時点(2017年1月)の最新バージョンで両方使えました。

version
vagrant 1.9.1
virtualnox 5.1

インストーラーをダウンロード

各公式サイトからダウンロード
それぞれダウンロードしたら実行してインストールする。
vagrantはPCの再起動が求められます。

teratermダウンロード

virtualboxダウンロード

vagrantダウンロード

OS入手、起動、シャットダウン

1.適当な場所に新規作成したファイルを置く

 (自分はデスクトップに「vagrant-centos7」というファイルを新規作成)

2.OSの入手

vagrantに合わせたOSを公式webのAtlasから入手する。
vagrantbox
ほしいOSを選択して、手順に従う。

以下のコマンドを入力
(自分はcentos7がほしいので以下は入力例)
vagrant box add centos/7
下記のコマンドをうつとOSが入手できているか確認できます。
vagrant box list

3.[1]で新規作成したファイルにinitします。

コマンドプロンプトのカレントディレクトリを1で作ったファイルに移動します。
cd [新規作成したファイルをコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップ]
initializeをかけます。
vagrant init centos/7
※vagrant box listで出てきたものを入力

起動

以下のコマンドを入力。
vagran up
いろいろと接続するための情報など表示されます。接続のIPなどポート番号など…
(次また起動するときに「2」でinitをかけたファイルをカレントディレクトリにすること。)

多分エラーが出てくるとおもうので以下対処したメモ

===========vagrant up時のエラー===================

エラー:rsyncがないから共有できないよ。

"rsync" could not be found on your PATH. Make sure that rsync
is properly installed on your system and available on the PATH.

和訳:rsyncっていうものをインストールして、環境変数PATHを通せ
対処:やり方は以下の3つ
・すなおにrsyncをインストールしてPATHを通す
・共有を無効にする
・typeをrsyncからvirtualboxへ変更する

自分は後者「・typeをrsyncからvirtualboxへ変更する」を選びました。[他の2つのやり方]

(http://qiita.com/tenmyo/items/c2bb714117c98ae979de)

vagrant fileを編集
変更前
#config.vm.synced_folder ".", "/vagrant_data"
変更後
config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", type:"virtualbox"

エラー:OS側にGUEST ADDITIONSがない

このサイトの通りにやります。

======================================================

teratermで接続

teratermを起動
先ほどvagrant upコマンドで流れた情報を入力する。(以下はデフォルト値です)

ホスト:127.0.0.1
TCPポート:2222

OKを押す

ユーザー名:vagrant
パスフレーズ:vagrant

(ユーザー:rootとパスフレーズ:vagrantでも行けます)

シャットダウン

Linuxのルート権限でshutdown -h now
または
windowsのコマンドプロンプトでvagrant halt
たぶん上のほうがいい。

windowsとvagrant間で共有

initかけたファイルとlinuxの/vagrantは共有されています。

またinitかけたファイルに「Vagrantfile」というものがあるのでそこから共有設定も可能→qiita-Vagrantで共有フォルダを設定してみる

vagrant側でポートを開く

例として80番ポートを空けます。
initしたファイルを開いてVagrantfileを開く
下記のところを「#」のコメントアウトを削除し変更する。
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 80