Edited at

AWS curator4系定期的な古いログ削除とElasticSearch Service2系の問題

More than 1 year has passed since last update.

amazon ElasticSearch Serviceの2系(ESS2)を使用しています。

ESS2にELBのログを入れたら容量がすぐに0になるので、定期的に古いログは削除しようかなと考えていました。


使用しているバージョン

ESS 2.3

curator 4.1.1


ログ削除方法

・rest APIのTTLを使用

定期的な削除はできるそうですが、公式から非推奨と書いてありますので使いません。

・curator使用

今回はこちらのほうで使用をしたいと思いました。


問題

#pip install elasticsearch-curaotrで現在最新の4系列を入れることができるのですが、問題がでてきます。

公式のほうでcurator4は動かないみたいです。curator4系が出た後にESS2が発表されてサポートしていないそうです。→ここ

今後のアプデでサポートを待つしかないのかな…

試していないですがこの理屈だと、おそらくcurator3系もESS2では動かないと思います。ESS1に下げるか非推奨のTTLを使用するしかないのかなぁ…うーん。どうしたらいいものか。。。

ESS1に下げるのでしたらcurator3しか対応していないみたいです。

curatourとelasticsearchの対応バージョン