備忘録 - Bash on Ubuntu on Windows

  • 1
    Like
  • 0
    Comment

備忘録なので今後いろいろ追加していく(と思われる)。

~/.bashrc

プロンプトの設定

フォーマットはお好みで(検索すると出てくるので詳細は割愛)。
私は下記な感じ。

export PS1="[\d \t \W]\\$ "

実際の表示はこんな感じ。

[Tue Nov 29 18:01:22 ~]#

yyyy/MM/dd にする方法無いのかしら。
コメント募集中。

プロキシの設定

環境変数へセットする(大抵これでなんとかなる)。

認証有り

export http_proxy=http://<ProxyUser>:<ProxyPassword>@<ProxyFQDN>:<ProxyPort>
export https_proxy=http://<ProxyUser>:<ProxyPassword>@<ProxyFQDN>:<ProxyPort>

認証無し

export http_proxy=http://<ProxyFQDN>:<ProxyPort>
export https_proxy=http://<ProxyFQDN>:<ProxyPort>

~/.curlrc

curl コマンドに対するプロキシ設定

curl さんは環境変数を読みに行かないのでホームディレクトリに作成しましょう。
認証無しなら proxy-user は不要。

proxy-user = "<ProxyUser>:<ProxyPassword>"
proxy = "<ProxyFQDN>:<ProxyPort>"

~/.gitconfig

git に対する各種設定

git さんのインストール後にやりましょう。
git config でできるけど、config 弄った方が早いし楽だよね。
私の備忘録なので内容は各自お好みで。
proxy 認証無しの場合は、.bashrc の書きっぷりを参考に。

[http]
        proxy = http://<ProxyUser>:<ProxyPassword>@<ProxyFQDN>:<ProxyPort>
[user]
        name = <GitUserName>
        email = <GitUserMailAddress>
[core]
        editor = vim -c \"set fenc=utf-8\"
        quotepath = false
[color]
        diff = auto
        status = auto
        branch = auto
[push]
        default = simple