Help us understand the problem. What is going on with this article?

LambdaでCognito認証(ユーザー作成)

はじめに

SDKをローカルに持ってきてゴニョるサンプルは検索に引っかかるのですが、
クラウド側(Lambda関数内部)で完結するサンプルが見つからない...
よし、ならば投稿してしまえ。

トップ
ユーザー作成 ←イマココ
ユーザー確認
ユーザー認証
ユーザー認可

ユーザー作成 (SignUp)

通知されたIDとパスワード(とその他の情報)でユーザーアカウントを作成します。
続けて、登録したメールアドレスor電話番号に確認コードを通知します。

ドキュメント

https://docs.aws.amazon.com/AWSJavaScriptSDK/latest/AWS/CognitoIdentityServiceProvider.html#signUp-property

ソースコード

'use strict';

const AWS = require('aws-sdk');
const cognito = new AWS.CognitoIdentityServiceProvider();

/**
 * SignUpする
 * @param {string} userId ユーザーのメールアドレスor電話番号
 * @param {string} userPassword ユーザーのパスワード
 * @returns {Promise<Object>} HTTPレスポンス 200 OK
 */
module.exports = async (userId, userPassword) => {

  // SignUpのパラメーター
  const params = {
    ClientId: '{アプリクライアントID}', // ユーザープールの 全般設定>アプリクライアント で確認する
    Username: userId, 
    Password: userPassword,
    UserAttributes: [
      {Name: '{属性名1}', Value: '{属性値1}'}, // 必要に応じて増減する。
      {Name: '{属性名2}', Value: '{属性値2}'}, // ユーザープールの 全般設定>属性 の 
      {Name: '{属性名3}', Value: '{属性値3}'}, // 標準属性とカスタム属性が該当する。
      {Name: '{属性名4}', Value: '{属性値4}'}, // 必須指定したものは、もちろん必須。
    ],
  };

  // SignUp実行
  const result = await cognito.signUp(params).promise().catch(error => {
    // 必要に応じて例外処理を追加する。
    // 例えば、IDが重複したときの例外は→「error.code == 'UsernameExistsException'」
    throw error;
  });

  // HTTPレスポンス 必要に応じて編集する。
  return {
    statusCode: 200,
  };
};
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした