Help us understand the problem. What is going on with this article?

【手順メモ】古いWin7マシンをWin10にアップグレード

はじめに

2020年1月14日に Windows7 が EOS を迎えた。
Windows10 への無償アップグレードキャンペーンは2017年までに完全終了しているが、メディア作成ツールを使うと今でも無料で Windows10 にアップグレードできる。

古い Windows7 マシンをアップグレードする機会があったので作業ログを残す。

アップグレードの条件

当然だが Windows7 がライセンス認証されていること。
アップグレードの場合、32bit版から64bit版には変更できない。これを変更したい場合はクリーンインストールになる。
ライセンス認証
エディションは次のように置き替えられる。

  • Windows7 Home Premium ▶ Windows10 Home
  • Windows7 Professional ▶ Windows10 Pro

ハードウェアの増強

このタイミングに併せてハードウェアも強化しておく。
筆者が最後にパソコンを分解したのは、DOS/VとかPC/AT互換機と呼ばれていた時代で、ちょうど、ISAスロットやIDE接続HDDからの転換期と重なる。ソフトウェアの世界はそれから様変わりしたが、パソコンの中身は当時と変わっていないので何も難しいことはない。

▼ マザーボードの画像。水色枠内がPCIスロット、黄色枠内がDIMMメモリスロットである。
マザーボード

メモリの増設

1GBのエルピーダ製DDR3規格のメモリ(画像左)が2枚差さっていた。
事務用PC(≠開発用PC)とはいえ、計2GBは貧弱なので、さらに、2GBのメモリ(画像右)を2枚足して、計6GBにする。
メモリ
DDR2規格以降のメモリでは、同じ規格・同じ容量のメモリを2枚1組で使うのが一般的。メモリをデュアルで動作させることで理論上は2倍のデータ転送速度になる。これをデュアルチャネルという。

メモリをマザーボード上のメモリスロットに差す。
デュアルチャネルで動作させるには、メモリスロットの1番目と3番目(2番目と4番目)に差すというような決まりがあるが、スロットが色違いになっているので迷うことはない。
メモリスロット
取り付けが済んだら F2キー で BIOS を起動し、メモリが認識されていることを確認する。
BIOS

イーサネットカードの取付

出入りのキッティング業者から提案されたネットワークインターフェイスカード(BUFFALO製で千円もしない)を、マザーボード上のPCIスロットに取り付ける。
イーサネットカード
上から順に、PCI Express x16スロット、PCI Express x1スロット、PCI Express x1スロット、PCIスロットとなっている。
PCIスロット
オンボードのNICを使うより、CPUの負荷を抑えられるとのことだ。

Windows10 アップグレード手順

事務用PCとしてはまあまあのスペックになったので、Windows10へのアップグレードを開始する。

メディア作成ツールのダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 から MediaCreationTool をダウンロードする。
image.png

任意のフォルダに保存して起動

最初に [同意する] をクリックする。
image.png

[このPCを今すぐアップグレードする] を選択して次へ。
image.png
[別のPCのインストールメディアを作成する] を選択するとクリーンインストールできるが、本稿では解説しない。

そのまま暫く待つ。
image.png

再び、[同意する] をクリックする。
image.png

再び、暫く待つ。
image.png

この警告画面が表示された場合は、[確認] をクリックする。
今回は設定やアプリを引き継がないので無視で良い。
image.png

[引き継ぐものを変更] をクリックする。
image.png

今回は引き継ぐものがないので [何もしない] を選択して次へ。
image.png

再び、暫く待つ。
image.png

[インストール] をクリックする。
image.png

アップグレード手順は、これで以上である。

エラーになる場合

SYSPREP 操作中にエラーが発生したため、インストールは SECOND_BOOT フェーズで失敗しました
のようなメッセージが表示されて、インストールに失敗することがある。
image.png
筆者の環境では、最新の Windows Update を適用するとともに、メーカー提供のアップデーターを実行後、再度、メディア作成ツールにかけると成功した。

▼ メーカー提供のアップデーター画面例(Dell Command Update の場合)
image.png

それでも失敗する場合はクリーンインストールになるが、それもダメなら、その機種は Windows10 に対応していないと思って諦めよう。
Windows8 発売以前の機種では、メーカーがサポート対象外にしていることが多い。

さいごに

諸々の状況を考えると素直に最新機種を購入(リース)した方が総合的にコストを抑えられそうだが、この手の作業もIT万屋としてたまにやっておくのは新鮮で良いかもしれない。

mindwood
大手SIer(プライムコントラクタ)に20年以上勤続し、某メガバンクのSEを下流から上流までひと通り経験。 退社後は個人事務所を開業し、中堅企業の情シス的なお仕事の他、フルスタックエンジニアとして、いくつかのベンチャー企業のシステム開発に携わり、スキルのバラ売りで食べている。座右の銘は「継続は力なり」。
https://mindwood.jp
alieaters
Alibaba Cloudを上手に使うためのノウハウの共有を目的としたコミュニティ
https://www.alieaters.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした