RaspberryPi
node-red

Node-RED 認証有効化

Node-RED 認証有効化

Raspberry Pi に標準でインストールされている Node-RED は WEB管理画面が認証不要で表示されます。
ユーザ名とパスワードでWEB管理画面の認証を有効化します。

WEB管理画面

初期設定では Raspberry Pi の 1880 ポートにHTTP接続すると
アカウント情報を入力することなく、フローが表示されます。
001.jpg

パスワード暗号化

設定ファイルに記載するパスワードを暗号化します。

$ cd /usr/lib/node_modules/node-red
$ node -e "console.log(require('bcrryptjs').hashSync(process.argv[1], 8));" PASSPHRASE
$2a$08$0tUbDhbFE0V5RrifsHfaruCkIATUbAcPqYnbGel9omwSLW.uJ94m2

認証有効化

設定ファイル「~/.node-red/settings.js」を編集します。
ファイル内の「adminAuth」を設定します。

~/.node-red/settings.js
~(略)~

   adminAuth: {
        type: "credentials",
        users: [{
            username: "admin",
            password: "$2a$08$0tUbDhbFE0V5RrifsHfaruCkIATUbAcPqYnbGel9omwSLW.uJ94m2",
            permissions: "*"
        }]
    },

~(略)~

確認

Node-RED を再起動し、管理画面にアクセスします。
ユーザ名とパスワードを入力する画面が表示されます。
002.jpg

参考

Node-RED日本ユーザ会 : 認証