LoginSignup
3
3

More than 1 year has passed since last update.

chrome.exeの引数を指定して、WEBアプリとして開く(タブを作れない状態にする)

Last updated at Posted at 2021-06-09

はじめに

  こんにちは、またバイト先でお願いされたシステムを作るにあたって、調べたことをまとめたいと思います。多分、自分以外にあまり需要がない記事だと思いますが、勉強だと思って記事にまとめます。
 いつも通り、前置きが長い記事になったので、方法だけ知りたい人はここ(実際にやってみる)から読んでください。

この記事から得られること

 このを読むことで、以下のことが得られます。

・chrome.exeの引数を指定することで、"WEBアプリとして開く"状態で起動できる(タブを開けない状態で起動できる)。

主にseleniumを使って、ユーザーのWEBアプリを監視する状況を想定しています。のちに述べますが、先日書いたPythonのSeleniumを使って、起動済みのブラウザを操作する。という記事では、タブを作られる状況は好ましくないのです。

誰向けの記事?

 この記事は、

・コマンドプロンプトやバッチファイルからchrome.exeを実行する際、タブを作れないようにしたい
・OSはWindowsで開発します

っていう人向けです。

なぜこれが必要になったのか?

 結論から言うと、「seleniumでWEBを監視する際、タブを新たに作られると厄介だから」です。
 今回バイト先で作るシステムは、WEB上で操作するアプリケーションを監視するシステムで、業務中に新たにタブを開くことは想定していません。しかし、誤ってタブを開いてしまう可能性は重々あります。
 また先日、PythonのSeleniumを使って、起動済みのブラウザを操作する。という記事を書きましたが、これには厄介な点があります。それは、”複数タブへの対応が面倒”という事です。seleniumでWEBを監視する場合、初期では最初に開いたタブに対応しています。それは複数タブを開いた場合も同じです。

 ここで厄介なことが起きそうですね。例えば以下の状況。

カウンターの職員:「あ、同じページの新しいタブ作っちゃった。」
監視システム  :「新しいタブ作られたけど、古い方を監視してればいいんだな」
カウンターの職員:「2つあるとややこしいから、古いの消しちゃえ。」
監視システム  :「え、監視対象のタブなくなったんやけど。。。」→エラー

こうなる訳です。これを回避する方法としては、2つのパターンがあります。

パターン1.一定時間ごとにウィンドウを切り替え、すべてのウィンドウを監視する
パターン2.新しくタブを作れない仕様にする

パターン1については、Seleniumのdriver.switch_to.window(Seleniumで操作するウィンドウを切り替える2つの方法を紹介)とかを使えば出来ますが、とても煩雑になります。なぜなら、python側でウィンドウを切り替えると、ユーザーが触っているChromeのタブも切り替わるからです。また、その問題を無視したとしても、すべてのウィンドウを監視するのはシステムが複雑になりますね。

という事で、パターン2の「新しくタブを作れない仕様」にする為、"WEBアプリ"としてchrome.exeを開けばいいんじゃね?という事になりました。

タブを作れない状態である"WEBアプリとして開く"というショートカット

 普通、chromeでサイトにアクセスすると、こんな感じになりますよね。もちろんタブの追加ボタンがあります。(面倒なんで目隠ししませんでした。阿部寛さんごめんなさい。)
2.PNG
 しかし、chromeでは、ショートカットを作るとき”WEBアプリとして開く”ってのがあります。実は、それで開くとこんな感じになるんです。このモードだと、新しくタブを作る機能が削ぎ落されています。これにより、アプリとしてChromeを起動しているのです。
7.PNG
 そして、これはショートカットとして作られます。つまり、そのコマンドがショートカットのプロパティから見れる!という事ですね。今回はこの発想で行きます。

実際にやってみる

 手順としては3つあります。「①Chromeのポート番号を固定し、起動する」と「② ①で起動しているchromeからショートカットを作る」「③必要な引数を取り出し、コマンドを書き換える」です。①に関してはできる人も多いと思うので、読み飛ばしでも分かると思います。
 ちなみに①は以前に書いた記事からコピペしました。すんません。

①Chromeのポート番号を固定し、起動する

chrome.exeのパス探し

 実はChromeでは、EXEファイル実行時にパラメータを渡してやることによって、クライアント側であるChromeのポート番号を固定することが出来ます。その為にもまず、Chrome.exeのPathを知っておくと便利でしょう。という事で、Windowsのアプリ一覧から、下の3枚の画像みたいに、Chromeのパスを探していきましょう。

1.アプリ一覧からChromeを右クリックし、その他から「ファイルの場所を開く」をクリック
スクリーンショット (339).png
2.ショートカットに飛ばされるので、それを右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリック
スクリーンショット (340).png
3.chrome.exeがある場所が示されるので、ここまでのパスをメモする。
スクリーンショット (341).png

私の場合、パスはC:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exeでした。

ポートを固定する引数を指定しながらchrome.exeを実行する

 Chromeは、コマンドプロンプトから実行する場合、引数を指定できます。そして今回、以下の2つの引数を指定します。

-remote-debugging-port=9222
--user-data-dir="適当なパス(chromeのデータがいっぱいできても良い場所)"

上のremoteなんちゃらは、chromeのポート番号(クライアントとサーバーでいうと、クライアント)を9222番に固定しています。そして、userなんちゃらは、chromeを動作する上での、諸ファイルを保存しておく場所です。適当でいいですが、結構沢山ファイルができるので注意です。
 そして、コマンドプロンプト上で、以下のコマンドを実行する事で、ポート番号を固定しながらchromeを開くことが出来ます。

portを固定しchromeを開く(cmd上)
"C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe" -remote-debugging-port=9222 --user-data-dir="適当なパス(chromeのデータがいっぱいできても良い場所)"

実行コマンドをbatファイルにする

 このままでは、chromeを実行するたびに、コマンドプロンプトでながぁ~いコマンドを打ち込まなきゃいけません。めんどうですね。なので、上記の内容をバッチファイルにしておきましょう。メモ帳上で以下の内容を書き込んで、拡張子を".bat"で保存すればokです。

openChrome.bat
"C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe" -remote-debugging-port=9222 --user-data-dir="適当なパス(chromeのデータがいっぱいできても良い場所)"

② ①で起動しているchromeからショートカットを作る

 ここは簡単ですね。題名通りです。まず、さっき作ったバッチファイルを実行し、阿部寛の公式サイト(http://abehiroshi.la.coocan.jp)を開きましょう。(ポート番号を指定して開かないと意味ないです。コマンドから実行し、-remote-debugging-port--user-data-dirが指定されている状況で開きましょう)

1.阿部寛のサイトに行く
2.PNG
2.設定のその他のツールから、ショートカットを作成をクリック
3.png
3.ショートカット作成時に”ウィンドウとして開く”にチェックを入れ、作成
4.PNG
4.デスクトップ上にショートカットが作成される。
5.PNG

③必要な引数を取り出し、コマンドを書き換える

ショートカットから引数を取り出す

 ここでは、先ほど作成したショートカットから、WEBアプリとして開くための引数を取り出します。先ほどのショートカットのプロパティを見てみましょう。リンク先という欄にコマンドが書いてあります。
6.PNG
このコマンドを見ると、以下の構成になっています。ここで注目してほしいのは、3つ目と4つ目の引数です。--profile-directory=Default--app-id=(なんかすごい文字列)、これが①で指定しなかった引数であり、"WEBアプリとして開く"ための引数となります。ちなみに、--user-data-dirは①と同じになっているはずです(同じじゃないといけません)。
 また、これは予想なのですが--app-idは②の手順が終わった時点で作られていると思います。つまり、②の手順が終了した時点で--user-data-dirへ、阿部寛のサイトが"WEBアプリ"として登録され、IDが発行された。と思います。

ショートカットのコマンド
"C:hoge\chrome_proxy.exe"  --user-data-dir="C:hogehoge" --profile-directory=Default --app-id=(なんかすごい文字列)

という事で、ショートカットのプロパティから以下の要素をメモしましょう。

--profile-directory=Default
--app-id=(なんかすごい文字列)

コマンドを書き換える

 必要な引数が分かったら、①で作ったバッチファイルの後ろに、コマンドを追加しましょう。こんな感じに。

修正後のopenChrome.bat
"C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe" -remote-debugging-port=9222 --user-data-dir="適当なパス(chromeのデータがいっぱいできても良い場所)" --profile-directory=Default --app-id=(なんかすごい文字列)

さあ、できました!最後に、修正後のバッチファイルをクリックしてみると、タブなし阿部寛がひらけますね!やったね!終わりです。
7.PNG

おわりに

 いつも通り、説明ばっかりになっちゃって申し訳ありません。それに、こんなマニアックなシチュの解決記事を出したところで、あまり世間に役立たないかもしれません。でも書きたかったのです!
 また、ご指摘などございましたら、ご教授いただけると幸いです。という訳で、ここまで読んでくださった方、ありがとうございますm(_ _)m。
 それじゃ!

3
3
1

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3
3