Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS】 EC2インスタンスのstop状態中でのEBSの扱いに注意 [クラウド破産注意][やらかし画像あり]

More than 1 year has passed since last update.

【AWS】 EC2インスタンスのstop状態中のEBSの扱いに注意 [クラウド破産注意] 【画像あり】

内容は表題の通りなんですが、はじめに、下記はテスト環境です。

スクリーンショット 2019-08-30 11.09.522.png

料金体系

EC2は従量課金なので、この状態であればt3.smallのインスタンスのみの料金だけ課金される思いますよね!?

実際、AWSの公式でもこのような記載があります。


スクリーンショット 2019-08-30 11.38.53.png


EC2 は EBS とセット と考えて!!

でも... 違うんですよ。EC2はEBSとセットなんです(当たり前と言ったらそうですが、、、)!
1番上のEC2の状態でのこの状態のときのEBSの画面はこちら

スクリーンショット 2019-08-30 11.21.312.png

EC2インスタンスがstop状態でもEBSはアタッチしている状態になっています。
要は使っている状態と同じです。

EBSはそこまで高額ではないので多少はいいかと思うところもありますが、
油断していると同じ失敗をしますよ。

失敗あるある事例がこちら

実際にやらかして、経理の人に怒られかけた事案です... w

(実際は心の中では怒っていたと思いますが) とても理解のある会社なので素直に謝ったら怒られませんでしたw

ごめんなさい m(_ _)m

スクリーンショット 2019-04-26 16.31.492.png

これは実際のその時の画像です。

本番環境を構築テストしている時に同様の設定で試していたんですが、
終わったあとにEC2をstop状態にして、数ヶ月放置してしまったんですね...

実際は9TBのEBSを5ヶ月放置してしましました...
(普通はこんなにつかわねーよっているツッコミはしないでくださいw)

そしたら↓のようになりました。
AWs Billing内のコストCost Explorerの画像です。

スクリーンショット 2019-04-26 16.58.2123.png

ある時点からEC2-Otherが爆発的にあがっていますよね...
ちなみに請求は毎月10万円くらい来ました Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
全部で60万円位やらかしました。個人アカウントだったらお小遣いが半年剥奪されるレベルだと思います。

便利な世の中になり、クラウドを活用する企業が増えてきたのはいいことですが、
このような危険を潜んでいるということを心に留めておきいていただきたく記事にしました。

ちゃんと使えばこれ以上便利なものはないので、ご利用は計画的に!ってことですね。

では、よいAWSライクを!

mimimi-no-sesese
普段はマネージメントしてますが、プログラミングは好きです。
hands-lab
ハンズラボは小売業特化型ITソリューション企業です。数十万に及ぶ膨大な商品マスタを扱ってきた豊富なノウハウで、お客様の現場に最適なシステムを提案・開発します。 エンジニア募集中
https://www.hands-lab.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした