Linux
AWS
S3
aws-cli

AWS S3上ファイルの中身をLinuxコマンドだけで超絶簡単に確認する方法

AWS s3のファイルの中を見るときにいちいちダウンロード→解凍→中身を確認 とか

コンソールとかで頑張ってファイルを参照とかしていませんか?

あれ、結構めんどくさかったりしませんか?

今回はこのファイルの中をちょろちょろって確認する方法を紹介します。

AWS S3のバケットにaaaというファイルがあったとしましょう。

$ aws s3 ls s3://(バケット名)/

2019-04-15 01:42:01 65 aaa
2019-04-15 01:42:08 65 aaa.gz
$

このaaaの中身ってみるの超絶簡単に確認する方法の紹介します。

Linuxのコマンドだけでできるんですよ。

はいいきなりですが、コマンドは下記です。

ポイントはcp の結果を - にすると標準出力になるんです。

それをcat連結するとみれますよ。

$ aws s3 cp s3://(バケット名)/aaa - | cat

testhogehoge1
testhogehoge1
吾輩は猫である
testhogehoge1
testhogehoge1
$

応用その1.

$ aws s3 cp s3://(バケット名)/aaa.gz - | zcat

testhogehoge1
testhogehoge1
吾輩は猫である
testhogehoge1
testhogehoge1
$

応用その2.

$ aws s3 cp s3://(バケット名)/aaa.gz - | zcat  | grep 猫

吾輩は猫である
$

そしてこれ、ローカルにファイルのこりません。(当然か..)

ちょっとろしたログの調査のときとかにすごく便利ですよ!

よい Linux AWS ライフを!!