search
LoginSignup
5

More than 5 years have passed since last update.

posted at

PentahoRepositoryについてとPDIからの利用方法について

Pentaho Repositoryとは

Pentahoのバージョン7系以降、Community版(無償版)で、Pentaho Repositoryという機能が使用可能になりました。
バージョン6系まではEnterprise Repositoryと呼ばれていた機能で、Enterprise版(有償版)でしか使用できなかったものです(たぶん)。

Repositoryと名がつくとおり、Spoon上で作成したETL定義体(JobやTransformation)をPentahoServerのファイルレポジトリを利用して保存することが可能です。また、Repositoryを使用することで以下の機能が使用できます。

  • ETLの定義体の保存(前述のとおり)
  • ETL定義体のユーザ更新やバージョン管理(前のバージョンに戻すことも可能)
  • ETL定義体のロック機能(7.0までBugで実質使用不可だったが7.1で直っているもよう)
  • DB/Hadoop/SlaveServerへの接続情報の共有
  • パーティション設定の共有
  • クラスタ設定の共有
  • ユーザ/ロール設定(ETL定義体や各種接続情報の権限管理も)
  • PentahoServerを使用したスケジュール実行

通常は、ファイルで保存しておくことが多いETLの定義体ですが、Pentaho Repositoryを使用することで、いろいろな機能が使用できますので、これはと思うものがあればお試しください。

設定方法

まずは、初期設定です。
Pentaho Repositoryの本体はPentahoServerになるので、最初にPentahoServerを起動します。
(Pentahoのインストールや起動方法についてはこちら)

次にSpoonを起動します。
(PDIのインストールやSpoonの起動方法についてはこちら)

Spoonを起動すると、右側の方に「Connect」というリンクがあるのでClickします。
Pentaho_Repository_1.png

すると、以下のようなウィンドウが立ち上がってくるので、イメージの様に設定します。
Pentaho_Repository_2.png

Display Name: Repositoryの表示名(わかりやすい名前で設定)
URL: Repositoryとして使用するPentahoServerの接続先(例 http://localhost:8080/pentaho)
Description: 説明文(必要であれば)

以上で初期設定が完了しました。

Pentaho Repositoryへ接続

次に、初期設定したPentaho Repositoryへ接続します。
当然ですがPentahoServerが起動している必要がありますので、PentahoServerが起動した状態で、Spoonより以下のように接続します(ユーザ/パスワードはPentahoServerと共通です)。
Pentaho_Repository_4.png

Pentaho Repositoryを使用する

ETL定義体を保存する

Spoon上で適当にTransformationをひとつ作成します。今回は「データグリッド」ステップをひとつだけ配置したものにしておきます。作成後、保存します。
Pentaho_Repository_5.png

保存されたETL定義体を確認する(Repository Explorer)

保存されたETL定義体をRepository Explorerにて確認します。
Pentaho_Repository_6.png

また、Pentaho Repositoryは、PentahoServer内部にありますので、PentahoServerからも確認することが可能です。
ブラウザよりPentahoServerにアクセスして確認します。
Pentaho_Repository_7.png

その他機能について

基本的にはRepository Explorerから利用可能ですが、一部分かりにくいものもあるので、そのあたりは別途まとめる予定です。

投稿時点での注意点

投稿時点(2017/8/13)では、まれにSpoonの「Connect」リンクが消えてしまうBugがあるようです
まだ修正されていないようですので、リンクが消えた場合は、「data-integration/system/karaf/caches/spoon/data*」を削除して、Spoonの再起動をしてみてください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
5