Linux
CentOS
数値計算
構造解析
FEM

オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム FrontISTR v4.6のインストール (CentOS 7.3)

ここでは、FrontISTR を CentOS 7.3 でビルドする方法を紹介します。Redhat Enterprise Linux へも同様にインストールすることが出来ます。

注意

この文章は公式のものではありません。また、内容の正確性について保証するものではありません。また、筆者は一切の責任を負いません。AS ISでご覧ください。

詳しいインストール方法は、FrontISTRのインストールガイドおよびマニュアルをご覧ください。

FrontISTRマニュアル(日本語版)
FrontISTR manual(English)
- Windows版は オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム FrontISTR v4.6のインストール (Windows10 - MinGW-w64)
- Ubuntu 16.04版は オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム FrontISTR v4.6のインストール (ubuntu 16.04 LTS)
- Mac版は オープンソース大規模並列FEM非線形構造解析プログラム FrontISTR v5.0αのインストール (macOS High Sierra 10.13.4)

を参照してください。

はじめに

FrontISTRは東京大学 奥田研究室で開発されている、本格的な構造解析プログラムです。FrontISTR研究会から、研究会の案内や資料、ソフトウェアが入手できます。
FrontISTRはMITライセンスで配布され、自由にソースを改変することが出来ます。

また、これまでにスパコンからWindowsパソコンでの動作実績があるのも特徴の一つです。

準備

予め CentOS 7.3 をインストールし、OSが動作可能な状態にしてください。また、安全のため最新の状態にしておいた方が良いでしょう。

$ su

# yum update

ビルドに必要なツールとパッケージのインストール

最初にFrontISTRをビルドするのに必要なツールとパッケージをインストールします。

$ su

# yum group mark install "Development Tools"
# yum update
# yum install openmpi-devel cmake
# exit

ここで一般ユーザに戻り、openmpiの環境設定をします。

$ cd $HOME
$ module avail
------------------- /etc/modulefiles ----------------------
mpi/openmpi-x86_64

$ cd $HOME
$ vi .bash_profile

.bash_profileの一番下に

module purge
module load mpi/openmpi-x86_64

を追加しファイルを保存して、一度ログアウトしてから再度ログインをして下さい。

ライブラリのビルドとインストール

FrontISTRのビルドに必要なライブラリをビルドしインストールします。必要なライブラリは

  • OpenMPI (MPI)
  • OpenBLAS (LAPACK)
  • Metis-5
  • MUMPS
  • Scalapack
  • Trilinos ML

です。この内、OpenMPIは前の手順でインストールしました。

ダウンロード

以下のソフトを入手してください。

ソフトウェア名 ダウンロード先 備考
OpenBLAS-0.2.20 http://www.openblas.net リファレンスのLAPACKよりも速い
metis-5.1.0 http://glaros.dtc.umn.edu/gkhome/metis/metis/download scotch-metisも利用可
scalapack-2.0.2 http://www.netlib.org/scalapack/ MUMPSで利用
MUMPS_5.1.2 http://mumps.enseeiht.fr/ 要ユーザ登録、直接法ソルバ
trilinos-12.12.1 https://trilinos.org/download/ 要ユーザ登録、反復法前処理に利用
REVOCAP_Refiner-1.1.04 http://www.multi.k.u-tokyo.ac.jp/FrontISTR 要ユーザ登録、FrontISTRリザーバの「最新版FrontISTRおよびREVOCAP_PrePost」よりダウンロード
FrontISTR_V46.tar.gz http://www.multi.k.u-tokyo.ac.jp/FrontISTR 要ユーザ登録、FrontISTRリザーバの「最新版FrontISTRおよびREVOCAP_PrePost」よりダウンロード

ライブラリのビルド

作業をするディレクトリは $HOME/Software 、ライブラリをインストールするディレクトリは $HOME/.local として説明をします。

$ cd $HOME
$ mkdir Software
$ mkdir .local

PATH 環境変数を確認してください。

$ echo $PATH
/usr/lib64/openmpi/bin:/usr/local/bin:/usr/local/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/bin:/home/user/.local/bin:/home/user/bin

REVOCAP_Refinerのビルド

REVOCAP_Refinerをビルドします。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf REVOCAP_Refiner-1.1.04.tar.gz
$ cd REVOCAP_Refiner-1.1.04
$ make

OpenBLASのビルド

OpenBLASは、高速なLAPACK/BLASのフリーの実装です。

OpenMPを有効にしたライブラリをビルドします。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf OpenBLAS-0.2.20.tar.gz
$ cd OpenBLAS-0.2.20
$ make BINARY=64 NO_SHARED=1 USE_OPENMP=1
$ make PREFIX=$HOME/.local install

インストール時に

install: `libopenblas_haswellp-r0.2.20.so' を stat できません : そのようなファイルやディレクトリはありません
make[1]: *** [install] エラー 1
make[1]: ディレクトリ `/home/user/Software/OpenBLAS-0.2.20' から出ます
make: *** [install] エラー 2

と表示されますが、今回は共有ライブラリを作成していないので無視してください。

METISのビルド

グラフパーティショナのライブラリです。

OpenMPを有効にしたライブラリをビルドします。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf metis-5.1.0.tar.gz
$ cd metis-5.1.0
$ make config prefix=$HOME/.local openmp=1 cc=gcc
$ make
$ make install

Scalapackのビルド

scalapackは、この後説明をするMUMPSのビルドの際必要となります。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf scalapack-2.0.2.tgz
$ cd scalapack-2.0.2
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=$HOME/.local \
        -DCMAKE_EXE_LINKER_FLAGS="-fopenmp" \
        -DBLAS_LIBRARIES=$HOME/.local/lib/libopenblas.a \
        -DLAPACK_LIBRARIES=$HOME/.local/lib/libopenblas.a \
        ..
$ make
$ make install

MUMPSのビルド

MUMPSは直接法のソルバです。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf MUMPS_5.1.2.tar.gz
$ cd MUMPS_5.1.2

Make.inc/Makefile.inc.genericを元にMakefile.incを環境に合わせた内容へ書き換えます。

$ cp Make.inc/Makefile.inc.generic Makefile.inc
$ vi Makefile.inc
LMETISDIR = $(HOME)/.local
IMETIS    = -I$(LMETISDIR)/include
LMETIS    = -L$(LMETISDIR)/lib -lmetis

ORDERINGSF  = -Dmetis -Dpord

CC      = mpicc -fopenmp
FC      = mpifort -fopenmp
FL      = mpifort -fopenmp

LAPACK =

SCALAP  = -L$(HOME)/.local/lib -lscalapack

INCPAR =

LIBPAR  = $(SCALAP)

LIBBLAS = -L$(HOME)/.local/lib -lopenblas

ファイルの修正が済んだらライブラリをビルドします。

$ make
$ cp lib/*.a $HOME/.local/lib
$ cp include/*.h $HOME/.local/include

Trilinos MLのビルド

Trilinosには多くのライブラリ含まれていますが、FrontISTRに必要なのはMLzoltanだけです。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf trilinos-12.12.1-Source.tar.gz
$ cd trilinos-12.12.1-Source
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake \
  -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=$HOME/.local \
  -DTrilinos_ENABLE_ML=ON \
  -DTrilinos_ENABLE_Zoltan=ON \
  -DTrilinos_ENABLE_OpenMP=ON \
  -DTrilinos_ENABLE_ALL_OPTIONAL_PACKAGES=OFF \
  -DTPL_BLAS_LIBRARIES=$HOME/.local/lib/libopenblas.a \
  -DTPL_LAPACK_LIBRARIES=$HOME/.local/lib/libopenblas.a \
  -DTPL_ENABLE_MPI=ON \
  ..
$ make
$ make install

FrontISTRのビルド

必要なライブラリの導入が済んだらFrontISTRをビルドします。

FrontISTRで有効にする機能は

  • hecmw_part1領域分割ツールなどのツール群生成
  • REVOCAP_Refiner (メッシュの細分化機能)
  • MPI (PCクラスタ等の並列実行環境)
  • OpenMP (マルチコアCPUを利用)
  • METIS (メッシュの領域分割のために必要)
  • MUMPS (直接法ソルバー)
  • LAPACK (CG法やGMRES法を用いた前処理適用後の条件数推定機能を利用)
  • Trilinos-ML (代数マルチグリッド法に基づく前処理)

です。これらの機能を有効にしたバイナリをビルドします。

$ cd $HOME/Software
$ tar xvf FrontISTR_V46.tar.gz
$ cd FrontISTR_4.6

Makefile.amを編集し、ビルドしない部分を除外します。

$ vi Makefile.am
PREFIX     = @prefix@
BINDIR     = @bindir@
LIBDIR     = @libdir@
INCLUDEDIR = @includedir@

MAKE       = @make@
AR         = @ar@
CP         = @cp@
RM         = @rm@
MV         = @mv@
RANLIB     = @ranlib@
MKDIR      = @mkdir@

all:
        @cd hecmw1 && $(MAKE)
        @cd fistr1 && $(MAKE)
#       @cd hecmw2 && $(MAKE)
#       @cd fistr2 && $(MAKE)
        @cd fistr  && $(MAKE)

clean:
        @cd hecmw1 && $(MAKE) clean
        @cd fistr1 && $(MAKE) clean
#       @cd hecmw2 && $(MAKE) clean
#       @cd fistr2 && $(MAKE) clean
        @cd fistr  && $(MAKE) clean

distclean:
        @cd hecmw1 && $(MAKE) distclean
        @cd fistr1 && $(MAKE) distclean
#       @cd hecmw2 && $(MAKE) distclean
#       @cd fistr2 && $(MAKE) distclean
        @cd fistr  && $(MAKE) distclean
        - $(RM) ./bin/*

install:
        if [ ! -d $(PREFIX) ]; then \
                $(MKDIR) $(PREFIX); \
        fi
        if [ ! -d $(BINDIR) ]; then \
                $(MKDIR) $(BINDIR); \
        fi
        @cd hecmw1 && $(MAKE) install
        @cd fistr1 && $(MAKE) install
#       @cd hecmw2 && $(MAKE) install
#       @cd fistr2 && $(MAKE) install
        @cd fistr  && $(MAKE) install

hecmw2およびfistr2はビルドしませんので、コメントアウトしてください。

Makefile.confの編集

$ cp Makefile.conf.org Makefile.conf
$ vi Makefile.conf

以下の内容でMakefile.confを編集してください。

##################################################
#                                                #
#     Setup Configulation File for FrontISTR     #
#                                                #
##################################################

# MPI
MPIDIR         = /usr/lib64/openmpi
MPIBINDIR      = $(MPIDIR)/bin
MPILIBDIR      = $(MPIDIR)/lib
MPIINCDIR      = $(MPIDIR)/include
MPILIBS        = -lmpi -lmpi_cxx -lmpi_mpifh

# for install option only
PREFIX         = $(HOME)/FrontISTR
BINDIR         = $(PREFIX)/bin
LIBDIR         = $(PREFIX)/lib
INCLUDEDIR     = $(PREFIX)/include

# Metis
METISDIR       = $(HOME)/.local
METISLIBDIR    = $(METISDIR)/lib
METISINCDIR    = $(METISDIR)/include
HECMW_METIS_VER= 5

# ParMetis
PARMETISDIR    = $(HOME)/ParMetis-3.1
PARMETISLIBDIR = $(PARMETISDIR)
PARMETISINCDIR = $(PARMETISDIR)/ParMETISLib

# Refiner
REFINERDIR     = $(HOME)/Software/REVOCAP_Refiner-1.1.04
REFINERINCDIR  = $(REFINERDIR)/Refiner
REFINERLIBDIR  = $(REFINERDIR)/lib/x86_64-linux

# Coupler
REVOCAPDIR     = $(HOME)/REVOCAP_Coupler
REVOCAPINCDIR  = $(REVOCAPDIR)/librcap
REVOCAPLIBDIR  = $(REVOCAPDIR)/librcap

# MUMPS
MUMPSDIR       = $(HOME)/.local
MUMPSINCDIR    = $(MUMPSDIR)/include
MUMPSLIBDIR    = $(MUMPSDIR)/lib
MUMPSLIBS      = -ldmumps -lmumps_common -lpord -L$(HOME)/.local/lib -lscalapack

# MKL PARDISO
MKLDIR     = $(HOME)/
MKLINCDIR  = $(MKLDIR)/include
MKLLIBDIR  = $(MKLDIR)/lib

# ML
MLDIR          = $(HOME)/.local
MLINCDIR       = $(MLDIR)/include
MLLIBDIR       = $(MLDIR)/lib

# C compiler settings
CC             = mpicc -fopenmp
CFLAGS         =
LDFLAGS        = -lstdc++ -lm
OPTFLAGS       = -O3

# C++ compiler settings
CPP            = mpicxx -fopenmp
CPPFLAGS       =
CPPLDFLAGS     =
CPPOPTFLAGS    = -O3

# Fortran compiler settings
F90            = mpif90 -fopenmp
F90FLAGS       =
F90LDFLAGS     = -lstdc++ -L$(HOME)/.local -lopenblas
F90OPTFLAGS    = -O2
F90FPP         = -cpp
F90LINKER      = mpif90 -fopenmp

MAKE           = make
AR             = ar ruv
MV             = mv -f
CP             = cp -f
RM             = rm -f
MKDIR          = mkdir -p

この手順で用いるMETISはVersion5.1.0です。HECMW_METIS_VER = 5を指定してください。

gfortranのプリプロセッサ指定は -cppです。F90FPP = -cppを指定してください。

編集が出来たらsetup.shを実行してください。

$ ./setup.sh -p --with-tools --with-refiner --with-metis --with-mumps --with-lapack --with-ml

setup.shの実行が済んだらビルドしてバイナリを作成します。

$ make
$ make install

ビルドしたバイナリをインストールをすると、$(HOME)/FrontISTR/bin以下に

$ ls $HOME/FrontISTR/bin
fistr1  hec2rcap  hecmw_part1  hecmw_vis1  neu2fstr  rconv  rmerge

などのバイナリがコピーされ実行できる状態になります。

テスト

インストールされた FrontISTR (fistr1) を実行してみましょう。

$ export PATH=$HOME/FrontISTR/bin:$PATH
$ which fistr1
~/FrontISTR/bin/fistr1
$ cd $HOME/Software/FrontISTR_V46/tutorial
$ ls
01_elastic_hinge           07_viscoelastic_cylinder  13_dynamic_beam_nonlinear
02_elastic_hinge_parallel  08_creep_cylinder         14_dynamic_plate_contact
03_hyperelastic_cylinder   09_contact_hertz          15_eigen_spring
04_hyperelastic_spring     10_contact_2tubes         16_heat_block
05_plastic_cylinder        11_contact_2beam          17_freq_beam
06_plastic_can             12_dynamic_beam           18_cavity_flow

様々な例題が同梱されています。この中の 01_elastic_hinge を実行してみましょう。

01_elastic_hinge ディレクトリに移動し、ディレクトリの中に格納されているファイルを見てみます。

$ cd 01_elastic_hinge
$ ls
hecmw_ctrl.dat   hinge.cnt   hinge.msh

この中には3つのファイルが格納されています。FrontISTRで解析する場合、この3つの入力ファイルが最低必要になります。

ファイル名 名前 説明
hecmw_ctrl.dat 全体制御ファイル 解析で使う入力ファイル名や、結果の出力ファイル名を指定します
hinge.cnt 解析制御データ 解析の種別や条件などを指定します
hinge.msh メッシュファイル 解析対象のメッシュ情報や材料データを指定します

FrontISTR の実行名は fistr1 です。引数は特にありません。3つのファイルが入ったディレクトリで起動してみてください。

$ fistr1
 Step control not defined! Using default step=1
 fstr_setup: OK
###  3x3 B-SSOR-CG(0)  1
       1    1.903375E+00
       2    1.974378E+00
       3    2.534627E+00
...
...
Start visualize PSF 1 at timestep 1

 ====================================
    TOTAL TIME (sec) :     61.42
           pre (sec) :      0.67
         solve (sec) :     60.75
 ====================================
 FrontISTR Completed !!

しばらくすると解析が終了し、結果ファイルなどが出力されます。

$ ls
0.log       FSTR.msg  hecmw_ctrl.dat  hinge.cnt  hinge.res.0.1
FSTR.dbg.0  FSTR.sta  hecmw_vis.ini   hinge.msh  hinge_vis_psf.0001.inp

ファイルの内容については、マニュアルを参照してください。