Help us understand the problem. What is going on with this article?

開発手法と開発工程

開発工程

開発の現場では、プロジェクトの特性などに応じて様々な開発手法が取られる。

ウォーターフォール型開発

各工程を順番に完了していくもので一つの工程にOKがでたら次の工程に移る。このモデルは問題や漏れがあった場合には一つ前の工程に戻り再スタート、見直しをすることが提唱されている。
メリット
・最もポピュラーな手法なため経験豊富な人が多い。
・計画通りに進めやすい。
・スケジュール管理がしやすい。
デメリット
・ミスがあったら時間をロスする。

アジャイル開発

アジャイルとは素早いという意味がある。言葉通り素早いリリースが可能であり、開発チーム一丸となって働くことが大切である。
メリット
・動くものを早い段階で触れる。
・柔軟性が高い。
デメリット
・スケジュール管理が難しい。
・計画性が重視されているものには不向き。

進捗管理ツール

よく使用するものとして、ZENHUB, Trelloなどがある。このようなツールを使うことで、計画通りに進んでるか確認することでき、遅れがあれば修正することができる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away