Edited at

Windows環境にVagrant+Ubuntuデスクトップ環境をインストール

More than 1 year has passed since last update.

Vagrant上で動くUbuntuのデスクトップ(GUI)環境が欲しくなったので、手順をまとめました。

VirtualBox_ubuntu16_default_1487232644411_4420_16_02_2017_18_18_06.png


環境

ホストOS: Windows 10 Home 64bit

ゲストOS: Ubuntu-16.04

VirtualBox: 5.1.14

Vagrant: 1.9.1

※BIOSレベルで仮想化支援機能(VT-x/AMD-V)の有効化が必要です。


VirtualBoxをインストール

以下よりダウンロードしてインストールします。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html?ssSourceSiteId=otnjp


Vagrantをインストール

以下よりダウンロードしてインストールします。

https://www.vagrantup.com/downloads.html


Ubuntu環境の初期化

DOSプロンプトを起動し、ubuntu16というディレクトリを作ります。

>cd c:/

>mkdir vagrant
>cd vagrant
>mkdir ubuntu16
>cd ubuntu16

ubuntu環境の初期化をします。

>vagrant init bento/ubuntu-16.04


Vagrantfileの設定

テキストエディタなどでVagrantfileを編集します。

私は以下のようにしました。


Vagrantfile

# -*- mode: ruby -*-

# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
config.vm.box = "bento/ubuntu-16.04"

# ローカルへのポート3000アクセスをvmのポート3000に転送(Web開発で必要な場合)
config.vm.network "forwarded_port", guest: 3000, host: 3000

# Windowsローカル環境から、192.168.33.10で接続
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
vb.gui = true
vb.memory = "2048" # メモリは2GB

vb.customize [
"modifyvm", :id,
"--vram", "256", # ビデオメモリ確保(フルスクリーンモードにするため)
"--clipboard", "bidirectional", # クリップボードの共有
"--draganddrop", "bidirectional", # ドラッグアンドドロップ可能に
"--cpus", "2", # CPUは2つ
"--ioapic", "on" # I/O APICを有効化
]
end
end



vmの起動

以下でUbuntuのBoxを取得し、vmの起動を行います。

> vagrant up


Ubuntuの設定

vmが起動したら、id vagrant / pw vagrantでログインします。

シェルが表示されたら以下でパッケージを更新します。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get upgrade

途中で「Configuring grub-pc」の画面が出たら、なにもチェックせずにOKし、進んでいきます。

(TabでOKをフォーカスしてEnter)

VirtualBox_ubuntu16_default_1487232644411_4420_16_02_2017_17_56_43.png

次にubuntu-desktopをインストールします。

$ sudo apt-get install ubuntu-desktop

かなり時間がかかります。

終わったら再起動します。

$ sudo reboot


ログイン

ログイン画面が表示されたら、vagrantユーザーでログインしましょう。

これで、Vagrant上でUbuntuのGUI環境を利用できるようになりました。

VirtualBox_ubuntu16_default_1487232644411_4420_16_02_2017_18_18_06.png


その他の設定

日本語入力の設定は以下の記事がとてもわかりやすかったです。

http://qiita.com/shishamo_dev/items/238f6e5060fb838827f6

また、タイムゾーンの設定もしておきましょう。

GUI上から、「System Settings -> Time & Date」から設定できます。

しっかり行う場合は、

http://qiita.com/azusanakano/items/b39bd22504313884a7c3

こちらの記事などをご覧ください。