Edited at

2週遅れではじめるFirebase(調査編)

More than 3 years have passed since last update.

image00.png


はじめに

Firebaseは、Googleが約1年前に買収したBackend as a Service(BaaS)です。今回のGoogleIOで機能が強化されたようなので、個人の備忘録として残しておきます。


Firebaseの原則



  • Developer experience matters. Ease-of-use, good documentation, and intuitive APIs make developers happy.

  • Work across platforms. We’ll support you whether you’re building for iOS, Web, or Android.

  • Integrate where possible. Firebase has one SDK, one console, and one place to go for documentation and support. You can mix-and-match any of our features and, where it makes sense, data flows between them to help you do more, faster.


https://firebase.googleblog.com/2016/05/firebase-expands-to-become-unified-app-platform.html


Firebaseの機能


  • 完全無料


    • Firebase Analytics

    • Firebase App Indexing

    • Firebase Authentication

    • Firebase Dynamic Links

    • Firebase Invites

    • Firebase Notifications

    • Firebase Crash Reporting

    • Firebase Remote Config



  • プランによって変動


    • Firebase Realtime Database

    • Firebase Storage

    • Firebase Hosting

    • Test Lab

    • Firebase Cloud Messaging(FCM)



各機能とAPIの対応プラットフォームについては、以下の図をご覧下さい。


料金プラン


  • 十分に利用できる無料プラン

  • 月額が予測可能な初期スタートアップ向けの固定レートプラン

  • 大規模アプリ対応の従量プラン

3つのプランがあり、具体的なプランは以下のようになっています。


今後について


  • JavaScriptSDKは、すべての機能に対応していない


  • ここからリクエストも受け付けているとの事


導入について

Google I/O 2016 で「Firebase」の新バージョンが発表!プッシュ通知機能を iOS アプリで使ってみたや、

Firebase Analytics を iOS / Android アプリに導入する手順のまとめに導入の詳しい手順がのっていますので、是非参考にしてください。


感想

Rebuild 143でも話に上がっていましたが、Parse終了のタイミングで本当に絶妙だったなという印象でした。

今後、モバイルネイティブのアプリ開発のデファクトスタンダードに、なりそうな雰囲気がありますね。

時間を見つけて、各機能についてまた記事を書きたいと思います。


謝辞