LVMで既存のPVとLVを拡張する

More than 3 years have passed since last update.


やりたいこと

LVM環境下でディスク容量を追加する場合、PV追加してVGへ新PVを参加させるのが通常のやり方であるが、今回はroot領域を増やすため、PVを増やしたくないという理由から、既存のPVとLVを拡張し、新たなPVの追加をせずにLVを拡張した。


方法

※拡張したいPVがディスクの最終パーティションのときのみ有効

<変数>記述は環境に合わせて読み替え


1. 既存のディスク容量を追加する

・VMだと容量割り当ての追加&スナップショット全削除

・物理だと大容量ディスクへクローン交換


2. レスキューCDから起動

・BIOSの起動デバイス優先順位に注意


3. パーティション編集

[~]# fdisk /dev/<拡張したいディスク>

コマンド (m でヘルプ): 以下コマンドを順に入力
d [Enter] ※領域の削除
<最終パーティション番号> [Enter] ※ 領域の選択

p [Enter] ※領域の表示

n [Enter] ※領域の作成
p [Enter]
<最終パーティション番号> [Enter]
First sector: [Enter]
Last sector: [Enter]

p [Enter] ※領域の表示

t [Enter] ※領域のシステムID変更
2 [Enter]
8e [Enter] ※Linux LVM

w [Enter] ※書き込み

[~]# exit


4. 普通に起動

・レスキューCDを取り出す

・普通に起動する


5. PV のオンラインリサイズ

# pvdisplay                       ※pv確認

# pvresize <最終パーティションのPV名> ※pvリサイズ
# pvdisplay      ※pvリサイズ後の確認


6. LVの拡張

# pvdisplay                       ※Free PEの確認

# lvextend -l <割り当てたいPE数> <拡張したいLV>


7. ファイルシステムのオンラインリサイズ

# resize2fs /dev/<拡張したいLV>        ※ext4の場合

# xfs_growfs /dev/<拡張したいLV> ※xfsの場合