Edited at

Visual Studio CodeをオフラインPCで使用する

Visual Studio Code(以下VSCode)をオフライン環境のWindowsで使えるようにします。

ユーザインストーラを使用してインストールする手順はこちらのサイトが詳しいです。

Visual Studio Code (Windows版) のインストール

ここではzip版を使用したインストールなしの手順を記載します。


前提条件


  • オフラインPC


    • Windows

    • インターネットに接続されていないPC



  • オンラインPC


    • インターネットに接続されているPC




VSCodeのダウンロード

オンラインPCからVSCode公式ページにアクセスします。

pic1.png

左中央部にあるDownload for Windowsボタン右にある矢印を押下して

pic2.png

Other downloadsを押下して表示されるページからWindowsのzipをダウンロードします。

(bitはオフラインPCのOSに合わせてください。ここでは64bitを使用します。)

pic3.png


VSCode拡張機能のダウンロード

VSCodeは拡張機能をインストールすることでカスタマイズすることができます。

オンラインPCではVSCode上から簡単に拡張できますが、オフラインPCではそうもいきません。あらかじめ拡張機能をオンラインPCでダウンロードしておきます。

ここでは日本語化する拡張機能を例として記載します。

オンラインPCからMarketplaceのJapanese Language Pack for Visual Studio Codeにアクセスします。

pic4.png

右列ResourcesにあるDownload Expressionを押下してダウンロードします。


インストーラの移動

ダウンロードしたVSCodeのzipファイル、拡張機能をUSBメモリやDVDなどを利用してオフラインPCにコピーします。


VSCodeのインストール

zipファイルを解凍したら終了です。

pic5.png

解凍したフォルダを消すことでアンインストールとなるため、解凍場所は明確にしておきましょう。

インストールという表記にしてありますが、記載の通り解凍のみでインストールではありません。


拡張機能のインストール

普通の手順でインストールすると文字通りのインストールになってしまうので、一工夫します。

VSCodeを展開したフォルダ内にdataフォルダを作成します。

ここまで用意できたら、VSCodeCode.exeを起動します。

pic7.png

英語表示ですね。

拡張機能を入れて日本語化しましょう。

左に表示されているアイコン一番下にある拡張機能を押します。

pic8.png

次にEXTENSIONSのバー右上にあるを押します。

(画像の赤枠部分)

pic9.png

表示されたメニューのInstall from VSIX...を押します。

pic10.png

先ほど拡張機能をコピーしたフォルダを開き、VSIXファイルを選択します。

pic11.png

しばらくすると右下にポップアップが表示されます。

Restart Nowをクリックし、VSCodeを再起動します。

pic12.png

日本語化されたVSCodeが起動します。

pic13.png


まとめ

zip版VSCodeを展開し、展開先にdataフォルダを作ってから起動すれば拡張機能も気にせずインストール可能です。これはポータブルモードというものを利用しました。

以下のサイトを参考にさせていただきました。

VS Codeを持ち運ぶには(ポータブルモード)

これでインストール不要環境でもVSCodeを使用することができます。

拡張機能も入れ放題です。

コピーひとつで複数端末への導入も可能です。