Help us understand the problem. What is going on with this article?

サイトに入ってきてもらえるように準備する(Rails, SEO)

More than 1 year has passed since last update.

サイトに流入が欲しい

ネタサイトや練習サイトであってもちょっとは流入して欲しい、ってことで、にわかSEO対策をしてみることに。

Google Analytics対応する

まずはこれ。google-analytics-railsというgemを使う。
1.google analyticsのサイトで新しいアカウントを作成する。
2.すると、トラッキングIDもらえるので、それをconfig/environments/production.rbに書く。

# replace this with your tracker code
GA.tracker = "UA-112233-4"

3.application.html.erbに以下を入れる。

<%= analytics_init if Rails.env.production? %>

完了。

Google Search Console対応する

これ。Search Console ヘルプ
とりあえず、利用するサイトでアカウント開設して、中身をざっと見てみる。なんかいじってるとgoogleから「検索パフォーマンス改善できます」ってメッセージきて、改善点を指摘してくれた。

tagを良い感じに対応する

このgemを使う。meta-tags
この辺りのブログに導入仕方詳しいので、そちらに譲る。
- meta-tags で Rails アプリの SEO は万全に
- meta-tagsとsitemap_generatorで始めるRails 5.0時代のSEO対策

site-mapに対応する

Search Consoleのアドバイスでも、「サイトマップあると良いよ」とあったので、対応する。sitemap_generatorというgemを使う。
1.Gemfileに追加して、bundle installする。
2.config/sitemap.rbを作成する

$ rake sitemap:install

3.sitemap.rbを編集する

SitemapGenerator::Sitemap.default_host = 'http://example.com'

4.public/以下にsitemap.xmlを生成する

# Development/Testの場合(pingをsearchエンジンに送付しない)
$ rake sitemap:refresh:no_ping
# Productionの場合(pingをsearchエンジンに送付する)
$ rake sitemap:refresh

[追記]

5. heroku使ってたんだけど、herokuでsitemap.xml扱えなかったので、S3に送って対応するというのをやる必要あり(後日アプデする)

ひとまず

こんなところで様子見る。気が向いたらアップデートする。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした