Emacs

[Emacs] tramp-modeが便利

More than 1 year has passed since last update.

普段Emacsを使っている人でもssh先でファイルを編集するときや、sudoでファイルを編集するときはvi/vimを使うという人は結構いるのではないだろうか。
Emacs22.1から標準で入っているtramp-modeを使えばそんな場合でも使い慣れたEmacs上でファイルを編集できる。

参考: https://www.emacswiki.org/emacs/TrampMode

セットアップ

不要。
(古いEmacsでは(require 'tramp)が必要らしい)

使い方

リモート端末のファイルを編集

C-x C-f /scp:username@remotehostname:filename
先頭のscpは接続に使用するメソッドで省略するとデフォルト(通常はscp)になる。
C-x C-f /username@remotehostname:filename

sshメソッドを使うとレスポンスが良くなるらしい。
C-x C-f /ssh:username@remotehostname:filename

ただし自分の環境ではsshメソッドでファイルオープンに失敗することがある(未解決)ので普段はscpを使用している。

単純にファイルの編集が可能であるだけではなく magitも使用可能 であることが驚異的。

sudoでファイルを開く

C-x C-f /sudo::filename

上記コマンドでrootのパスを聞かれてしまう場合は

C-x C-f /sudo:username@localhost:filename

sudoメソッドの時にデフォルトで使用されるユーザー名はrootになっているがM-x customize-group trampで変更できる

FAQ

接続が切れるとフリーズする

M-x tramp-cleanup-all-buffers を実行する