search
LoginSignup
22

More than 5 years have passed since last update.

posted at

redisのdump.rdbファイルからリストアする

redisのバックアップデータからの復旧手順(リストア)

CentOS6系の環境で、redisが既にインストールされている状況で説明します。

redisはインメモリでデータ高速管理しており、
データを永続化させるには、
 

redis-cli save 

(saveはロックが発生するのでサービスに支障がでる場合は、ロックの発生しないbgsaveとlastsaveでバックグラウンドで処理させる)

redis-cli bgsave

でデータの永続化。
dumpファイルが作られる。

/var/lib/redis/dump.rdb
※redis.conf変更できます。

このデータを定期的に、別ディレクトリにバックアップして、そのファイルのデータをredisに反映させる際、

service redis status

redisが稼働中に

※扱い注意!!

cp /data/backup/dump.rdb /var/lib/redis/dump.rdb

等とコピーをし、

service redis restart

等とすると、

cat /var/lib/redis/dump.rdb

redisを停止する際に、dump.rdbのファイルが元に戻ってしまいます。

バックアップデータのデータを復元する際は、
まず

service redis stop

をし、redisを停止した状態で、

cp /data/backup/dump.rdb /var/lib/redis/dump.rdb

コピーし、

service redis start

とする。

まとめ、
redisのバックアップデータからの復元は、
redisがストップした状態→ファイルコピー→redis start

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
22