Help us understand the problem. What is going on with this article?

git checkoutするブランチ名をpecoで選択する git エイリアス

More than 1 year has passed since last update.

ブランチ選択面倒ですよね

  • git branch して、あるいは git branch --remote してブランチ一覧を確認
  • ブランチ名をコピーして、remoteブランチだったら remotes/origin/ などのプレフィックスを外して
  • git checkout

そんなゴニョゴニョは peco に任せましょう。

前提条件

  • peco コマンドがインストールされていること
  • tr, grep , sed, xargs などのunixでは標準的なコマンドが使える環境であること

alias に設定するコマンド

[alias]
    cop = !"git branch --all | tr -d '* ' | grep -v -e '->' | peco | sed -e 's+remotes/[^/]*/++g' | xargs git checkout"

コマンドの詳細

git branch --all

  • remoteブランチも含めすべてのブランチを出力(ただし、 git fetch していないなどでremoteブランチの情報が同期されていないと表示されません)

tr -d '* '

  • * (半角スペース)を削除します

grep -v -e '->'

  • -> を含む行を削除します。 remotes/origin/HEAD -> remotes/origin/master などの行を除外するためです。

peco

  • 入力された情報を使ってインクリメンタルサーチと選択を行います

sed -e 's+remotes/[^/]*/++g'

  • 選択された行が remotes/origin/feature/function 等の場合、 remotes/origin/ の部分を削除して具体的な checkout 用のブランチ名にします。
  • 人によってはremotesの名前に / を含んだりするのかもしれないけど…一旦無視してます。

xargs git checkout

  • 選択されたブランチ名を使ってチェックアウトを行います

cop = !"<command>"

  • そもそもこの alias の書き方はなんぞ?と思う人もいるかと思いますが、単純にこれをシェルとして実行するという意味です。

alias設定しましょう

色々できるんで、よく使うコマンドがあるひとはぜひ。

mather314
元数学専攻のエンジニア。Web系のアプリケーション開発がメインだが、HTMLやCSSよりはバックエンドロジックの分析などが得意。Haskell, Scala, Elmなどを嗜む程度に。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした