Help us understand the problem. What is going on with this article?

WSLをインストールする

WSL (Windows Subsystem for Linux) とは

ざっくり言うと、広い意味での仮想化技術を使って、Windows上でLinuxプログラムを動作させ、かつWindowsの世界と様々な形で相互連携できる、という機構です。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/about より引用:

Windows Subsystem for Linux を使用すると、開発者は、仮想マシンのオーバーヘッドなしで、ほとんどのコマンド ライン ツール、ユーティリティ、アプリケーションを含む GNU/Linux 環境を変更せずそのまま Windows 上で直接実行できます。

システム要件

  • Windows 10 バージョン 1709 Fall Creators Update 以降 (WSL バージョン1)
  • Windows 10 Insider Preview ビルド 18917 以降 (WSL バージョン2)

インストール (WSL バージョン1)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10

Windowsの機能の有効化

GUI、またはPowerShellを使って、Windowsのオプション機能「Windows Subsystem for Linux」を有効にします。

GUIであれば、スタート画面や設定アプリで「Windows の機能1」まで入力して検索するか、コントロールパネルから「コントロール パネル\プログラム\Windowsの機能の有効化または無効化」と辿ります。

conf.png

start.png

panel.png

PowerShellの場合は、管理者としてPowerShellを開き、下を実行します。

PowerShell
Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

再起動を求められるので、再起動します。

Linuxディストリビューションのインストール

Microsoft Store、またはそれ以外の手段で、Linuxディストリビューションをインストールします。

Microsoft Storeの場合は、アプリを起動して「WSL」を検索します。
ピックアップされている無料のディストリビューションとして、Ubuntu 最新LTS版(16.04LTSと18.04LTSも登録されています)、Debian、OpenSUSE、SLES、Alpine、KALIが見つかるかと思いますので、好きなものを選んでインストールします。

wslstore.png

Microsoft Storeを使わない場合は、ディストリビューションのダウンロードリンクから好きなディストリビューションのappxパッケージを選んでダウンロードします(Webブラウザでも、curlコマンドなどでも構いません)。
ダウンロードしたら、PowerShellコマンドでパッケージをインストールします。

PowerShell
Add-AppxPackage .\app_name.appx

Linuxディストリビューションの初期化

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/initialize-distro

ディストリビューションをインストールした段階ではまだ有効化されていないので、初期化して有効にする必要があります。そのためには、インストールしたストアアプリを起動します。

ストアアプリから起動ボタンを押すか、もしくはスタート画面からディストリビューションを選択してください。

image.png

image.png

インストール (WSL バージョン2)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/wsl2-install

Windowsの機能の有効化

GUI、またはPowerShellを使って、Windowsのオプション機能「Windows Subsystem for Linux(Linux 用 Windows サブシステム)」と「仮想マシン プラットフォーム」を有効にします。

image.png

再起動を求められるので、再起動します。

WSLのデフォルトバージョンをWSL2にする(オプション)

今後インストールするLinuxディストリビューションのデフォルトをWSL2にするには、コマンドライン(PowerShellまたはコマンドプロンプト)で以下のコマンドを実行します。

PowerShell
wsl --set-default-version 2

Linuxディストリビューションのインストール

WSL1と同様なので省略します。

Linuxディストリビューションの初期化

WSL1と同様なので省略します。

LinuxディストリビューションをWSL2で動かすように設定する

Linuxディストリビューションは複数インストールできます。そして、インストールしたディストリビューションごとに、WSLのバージョンを設定できます。

コマンドラインで wsl -l -vを実行すると、インストール&初期化済みのLinuxディストリビューションのWSLバージョンを確認できます。

PowerShell
PS> wsl -l -v
  NAME      STATE           VERSION
* Ubuntu    Stopped         2
  Debian    Stopped         1

インストール&初期化済みのLinuxディストリビューションのWSLバージョンを2に変更するには、コマンドラインで以下のコマンドを実行します。

PowerShell
wsl --set-version <ディストリビューション名> 2

  1. 「Windows 」の後ろに半角スペースを入れるとよい 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした