Edited at

VIsual Studio Communityの利用条件など

More than 3 years have passed since last update.

http://www.visualstudio.com/products/visual-studio-community-vs

Q: Who can use Visual Studio Community?

Q: 誰がVisual Studio Communityを利用できますか?

A: Here’s how individual developers can use Visual Studio Community:
A: 個人の開発者がVisual Studio Communityを利用できる条件は次の通りです:


  • Any individual developer can use Visual Studio Community to create their own free or paid apps.
    すべての個人開発者は、Visual Studio Communityを利用して、無料または有料のアプリケーションを作成できます。

Here’s how Visual Studio Community can be used in organizations:
組織内でVisual Studio Communityを利用できる条件は次の通りです:


  • An unlimited number of users within an organization can use Visual Studio Community for the following scenarios: in a classroom learning environment, for academic research, or for contributing to open source projects.
    集合学習環境、学術研究、オープンソースプロジェクトへの貢献について……組織内のユーザーは何人であってもVisual Studio Communityを利用できます。

  • For all other usage scenarios: In non-enterprise organizations, up to 5 users can use Visual Studio Community. In enterprise organizations (meaning those with >250 PCs or > $1MM in annual revenue), no use is permitted beyond the open source, academic research, and classroom learning environment scenarios described above.
    それ以外のすべての利用シナリオについて……非エンタープライズ組織においては、5人以下のユーザーに限りVisual Studio Communityを利用できます。エンタープライズ組織(PCを250台より多く所持するか、年間売上が100万ドルより多い組織)においては、上で述べたオープンソース、学術研究、集合学習環境を超えた範囲での利用は認められません。