Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi Zero Wの無線LANをディスプレイやキーボードなしで設定する(有線LAN利用)

More than 1 year has passed since last update.

(2017/07/29追記)
コメントでmicroSDにあらかじめファイルを作成しておくことで、無線LANの設定ができるというご指摘をいただき、その方法を記事にいたしました。

Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する

こちらの方が簡単に無線LANの設定ができると思いますので、参照してください

前書き

Raspberry Pi Zero Wには無線LAN(WiFi)が内蔵されましたが、何らかの方法でSSIDとパスフレーズを設定しないと無線での通信はできません。
以前に書いたRaspberry PiとMac or Windows PCを有線で直接繋いでさくっとSSH接続するという記事ではRaspberry Pi 3 Model Bに搭載されている有線LANポートを活用していましたが、今回は以前の記事の方法を踏襲しつつ、Raspberry Pi Zero WにUSBで一時的に有線LANポートを設けるするやり方で、ディスプレイやキーボードを使わずにSSIDとパスフレーズを設定する方法を紹介します。

P7230612.jpg

動作環境

リモート(Raspberry Pi)側

  • Raspberry Pi Zero W
    • Raspbian Jessie Lite 2017-07-05
    • micro USB OTGケーブル
      • 内側のmicro USBコネクタと外付けLANアダプターを接続
    • 外付けLANアダプター
      • BUFFALO LUA3-U2-ATX (https://www.amazon.co.jp/dp/B002IT5ZPG)
        • USB2.0 to Ethernet
        • 実売価格:1,071円程度
        • Mac側でもRaspberry Pi側でもドライバーインストール不要で認識した
          • Nintendo Switchでも認識する万能さ

ホスト側

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
    • macOS Sierra
    • 外付けLANアダプター
      • Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ

SSH接続してみる

最初にお見せした写真の通り配線すれば、やっていることは以前に書いたRaspberry PiとMac or Windows PCを有線で直接繋いでさくっとSSH接続すると全く同じです。

Raspberry PiにRaspbianが入っているMicroSDを入れて、電源を入れます。OSが起動するまで1分ほど待ちます。

macOS
$ ssh pi@raspberrypi.local

パスワードを聞かれるので、 raspberry と入力してreturnキーを押します。

macOS
pi@raspberrypi.local's password: 

繋がるはずです。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $

うまく繋がらない場合は、以前接続した際の設定が残っている可能性があるので、known_hostsの設定削除を行ってください。

macOS
$ ssh-keygen -R raspberrypi.local

SSIDとパスフレーズを設定する

以前に書いたRaspberry Pi 3の内蔵WiFiを無効にしてUSB WiFiアダプタを利用するとほぼ同じです。

2.4GHz帯のもののみ利用できます。ルーターのデフォルトの設定では、2.4GHz帯のSSIDにはgやGといった文字が含まれていることが多いです。

(ssid), (passphrase) を置き換えて以下のコマンドをRaspbian上で実行します

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ sudo sh -c 'wpa_passphrase (ssid) (passphrase) | grep -v "#psk=" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
pi@raspberrypi:~ $ sudo wpa_cli reconfigure

パスフレーズがない場合は、Life with IT - Raspberry Pi 3でパスフレーズなしのWi-Fiアクセスポイントに接続する設定(Raspbian Jessie Lite)を見て設定してください(自己責任でお願いします)

USBケーブルだけでも設定できる

Raspberry Pi Zero (Zero W)の内側のmicro USBコネクタを用いて、USBケーブル一本で電源供給+ネットワーク接続することもできるようです。
Raspberry Pi Zero(W)のセットアップ

今回紹介した方法との比較

今回紹介した方法のメリット

  • Micro SDにRaspbianイメージ書き込みした後、sshファイルの作成以外の書き込みや変更がない
  • Raspberry Pi Zero Wを有線でルーターに接続することもできる
    • 無線LANと関係無くなりますが、ルーター横に置く超小型サーバーとして利用することもできそうです
  • 電源供給と通信を分けることができる

今回紹介した方法のデメリット

  • 外付けLANアダプターが必要
  • 電源供給のためのケーブルが別途必要

参考サイト

mascii
JavaScript, RaspberryPi, Arduino, ESP32の記事が多めです。大学院での専攻はグラフ理論でした。
https://mascii.hatenablog.com/
visasq
ビザスクは「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界で1番のナレッジプラットフォームをつくっています。 様々なニーズにつなぐことで、実際に経験したことで得られた知識や意見を、知見として価値最大化します。組織、世代、地域を超えて、知見を集めつなぐことで、世界中のイノベーションに貢献します。
https://visasq.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした