Raspberry Pi Zero Wの無線LANをディスプレイやキーボードなしで設定する(有線LAN利用)

  • 9
    Like
  • 2
    Comment

(2017/07/29追記)
コメントでmicroSDにあらかじめファイルを作成しておくことで、無線LANの設定ができるというご指摘をいただき、その方法を記事にいたしました。

Raspberry Piの無線LANをmicroSDで設定する

こちらの方が簡単に無線LANの設定ができると思いますので、参照してください

前書き

Raspberry Pi Zero Wには無線LAN(WiFi)が内蔵されましたが、何らかの方法でSSIDとパスフレーズを設定しないと無線での通信はできません。
以前に書いたRaspberry PiとMac or Windows PCを有線で直接繋いでさくっとSSH接続するという記事ではRaspberry Pi 3 Model Bに搭載されている有線LANポートを活用していましたが、今回は以前の記事の方法を踏襲しつつ、Raspberry Pi Zero WにUSBで一時的に有線LANポートを設けるするやり方で、ディスプレイやキーボードを使わずにSSIDとパスフレーズを設定する方法を紹介します。

P7230612.jpg

動作環境

リモート(Raspberry Pi)側

  • Raspberry Pi Zero W
    • Raspbian Jessie Lite 2017-07-05
    • micro USB OTGケーブル
      • 内側のmicro USBコネクタと外付けLANアダプターを接続
    • 外付けLANアダプター
      • BUFFALO LUA3-U2-ATX (https://www.amazon.co.jp/dp/B002IT5ZPG)
        • USB2.0 to Ethernet
        • 実売価格:1,071円程度
        • Mac側でもRaspberry Pi側でもドライバーインストール不要で認識した
          • Nintendo Switchでも認識する万能さ

ホスト側

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
    • macOS Sierra
    • 外付けLANアダプター
      • Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ

SSH接続してみる

最初にお見せした写真の通り配線すれば、やっていることは以前に書いたRaspberry PiとMac or Windows PCを有線で直接繋いでさくっとSSH接続すると全く同じです。

Raspberry PiにRaspbianが入っているMicroSDを入れて、電源を入れます。OSが起動するまで1分ほど待ちます。

macOS
$ ssh pi@raspberrypi.local

パスワードを聞かれるので、 raspberry と入力してreturnキーを押します。

macOS
pi@raspberrypi.local's password: 

繋がるはずです。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $

うまく繋がらない場合は、以前接続した際の設定が残っている可能性があるので、known_hostsの設定削除を行ってください。

macOS
$ ssh-keygen -R raspberrypi.local

SSIDとパスフレーズを設定する

以前に書いたRaspberry Pi 3の内蔵WiFiを無効にしてUSB WiFiアダプタを利用するとほぼ同じです。

2.4GHz帯のもののみ利用できます。ルーターのデフォルトの設定では、2.4GHz帯のSSIDにはgやGといった文字が含まれていることが多いです。

(ssid), (passphrase) を置き換えて以下のコマンドをRaspbian上で実行します

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ sudo sh -c 'wpa_passphrase (ssid) (passphrase) | grep -v "#psk=" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
pi@raspberrypi:~ $ sudo wpa_cli reconfigure

パスフレーズがない場合は、Life with IT - Raspberry Pi 3でパスフレーズなしのWi-Fiアクセスポイントに接続する設定(Raspbian Jessie Lite)を見て設定してください(自己責任でお願いします)

USBケーブルだけでも設定できる

Raspberry Pi Zero (Zero W)の内側のmicro USBコネクタを用いて、USBケーブル一本で電源供給+ネットワーク接続することもできるようです。
Raspberry Pi Zero(W)のセットアップ

今回紹介した方法との比較

今回紹介した方法のメリット

  • Micro SDにRaspbianイメージ書き込みした後、sshファイルの作成以外の書き込みや変更がない
  • Raspberry Pi Zero Wを有線でルーターに接続することもできる
    • 無線LANと関係無くなりますが、ルーター横に置く超小型サーバーとして利用することもできそうです
  • 電源供給と通信を分けることができる

今回紹介した方法のデメリット

  • 外付けLANアダプターが必要
  • 電源供給のためのケーブルが別途必要

参考サイト