Raspberry PiとMac or Windows PCを有線で直接繋いでさくっとSSH接続する

  • 20
    いいね
  • 0
    コメント

Raspberry PiにSSH接続したいけど、外出中のときや、ルーターやハブが目の前にないときに、Zeroconfという仕組みを利用してRaspberry PiのIPアドレスを調べたりせずにさくっとSSH接続できる方法を紹介します。

動作環境および準備

リモート(Raspberry Pi)側

  • Raspberry Pi 3 Model B
    • Raspbian Jessie Lite 2016-09-23
      • イメージをMicroSDに書き込んだ直後の状態
    • Raspbian Jessie Lite 2016-11-25
      • このバージョンからSSHがデフォルトでは無効になりました。
      • イメージをMicroSDに書き込んだ後、MicroSDのルートディレクトリにsshという名前で空のファイルを作成しておく必要があります。ssh
      • macOSであれば、touchコマンドを用いてtouch /Volumes/boot/sshといった要領で空のファイルsshを作成できます

ホスト側

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)

    • macOS Sierra
    • 外付けLANアダプター
      • BUFFALO LUA3-U2-ATX (https://www.amazon.co.jp/dp/B002IT5ZPG)
        • USB2.0 to Ethernet
        • 実売価格:1,089円程度
        • ドライバーインストール不要で認識した
      • Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ
  • Let's note S10

Mac Windows PC
PB271172.jpg PB271173.jpg

SSH接続してみる

Raspberry PiにRaspbianが入っているMicroSDを入れて、電源を入れます。OSが起動するまで1分ほど待ちます。

macOS

macOS
$ ssh pi@raspberrypi.local

パスワードを聞かれるので、 raspberry と入力してreturnキーを押します。

macOS
pi@raspberrypi.local's password: 

繋がるはずです。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $

うまく繋がらない場合は、SSH接続エラー回避方法:.ssh/known_hostsから特定のホストを削除する/削除しないで対処する3つの方法を参照

Windows

今回はTera TermでSSH接続してみます。

初めての方は、タスクマネージャー(Ctrl+Shift+Esc)でBonjour Serviceが実行中になっているか確認しましょう。

ssh-win-04.png

Tera Termを起動し、ホストに raspberrypi.local と入力します。

ssh-win-01.png

ユーザー名に pi 、パスフレーズに raspberry と入力しEnterキーを押します。

ssh-win-03.png

繋がるはずです。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $

ブリッジ接続もしてみる

Mac or Windows PCでSSH接続ができた後、Raspberry Pi側で apt-getwget といったインターネットを必要とする操作をするときに、Mac or Windows PCが接続している回線をRaspberry Pi側でも利用できるようにします。

例として、iPhoneをUSBでMac or Windows PCと接続してテザリングするケースを紹介します。

macOS

システム環境設定の「共有」を開き、左側のサービスの一覧にある「インターネット共有」を選択します。
共有する接続経路を「iPhone USB」 とし、LUA3-U2-ATXを接続した場合は、ポート「AX88772」、Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタを接続した場合は、ポート「Thunderbolt Ethernet」にチェックを入れます。
bridge-mac-01.png

左側のサービスの一覧にある、インターネット共有にチェックを入れ、インターネット共有機能を開始します。
bridge-mac-02.png

再びSSH接続すると、pingで応答が帰ってくるはずです(control+Cで終了)

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ ping www.google.co.jp

Windows

スタートメニューで「ネットワーク接続の表示」と検索して、ネットワーク接続の画面を開きます。

iPhoneとRaspberry Piを接続しているアダプターの両方を選択し、右クリックをしてブリッジ接続をクリックします。

bridge-win-01.png

再びTera TermなどでSSH接続すると、pingで応答が帰ってくるはずです(Ctrl+Cで終了)

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ ping www.google.co.jp

ホスト名を変えてみる

/etc/hostname の中身を見てみます。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ cat /etc/hostname

初期設定では、内容が raspberrypi となっているはずです。

例として、 my-rpi に変更してみます。
Raspbianの設定ツールを起動します。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ sudo raspi-config

7 Advanced Options → A2 Hostname でホスト名を変更できます。

Raspbian
pi@raspberrypi:~ $ sudo reboot

で再起動すると、 raspberrypi.local の代わりに my-rpi.local でSSH接続できるようになるはずです。

Raspbian
pi@my-rpi:~ $