Edited at

【Smart Device Link】SDLの実機環境を作る! 

SDLの開発環境は、Maticoreか、DeveloperToolKitのみでしたが、

ついにRaspberry Piを使って自分で環境構築ができるようになりました。


できること


  • WiFi接続(Android/iOS)

  • USB接続(Android)

  • プロジェクションモードの動作

ただし、動作可能なスマートフォンも依存があったり

まだまだこれからの環境ですが、自分で用意できるようになったのは進歩だと思います。

※ここでは説明しませんが、ついにiOSの実機環境ができました!


必要機器の準備

SDLの実機環境は、RasberryPi3を使用して構築することができます。

まずは、以下の機器を揃えてください。


SDLのイメージをSDHCカードに焼き込む


SDLイメージのダウンロード

こちらのサイトよりSDLのイメージをダウンロードします。

※現在は、dropboxにイメージデータが格納されています。

SDLイメージ

dropboxより、「20190705sdlbootcamp.img.gz」を選び、「ダウンロード」ボタンをクリックすることでイメージをダウンロードすることができます。


SDHCカードに焼き込む

落としてきたイメージを用意したSDHCカードに焼きこみます。

焼き込む方法は、いろいろありますが、今回はEtcherを使用しますのでインストールしてください。

Windows版、Mac版もありますが、ここからの説明はMac版となります。

「Select images」ボタンをクリックします。

Etcherアプリ

ダウンロードした「20190705sdlbootcamp.img.gz」ファイルを選択します。

イメージ選択

「Select target」ボタンをクリックし、SDHCカードを選択します。

SDHCカード選択

「Flash!」ボタンをクリックします。

Flash書き込み

書き込みが完了するまで待ちます。

書き込み中

「Flash Complete」のメッセージが表示されたら書き込み完了です。

書き込み終了


動かしてみる

先ほど焼き込んだSDHCカードをRaspberry Piに差し込んで起動してください。

以下のようなSDLBOOTCAMPの画面が表示されれば成功です。

動作画面

画面中央の「SDLBOOTCAMP」は、タッチすると動きます。


サンプルを動かしてみる

サンプルは以下の記事を参考ください。

SDLBootCampは、最新のSDLのSDKでは動作せず

sdl_android:4.8.0で動作させる必要がありますのでご注意ください。

WiFi接続を行う場合は、Raspberry PiのWiFiにスマートフォンを接続します。

Raspberry Piの接続情報は以下の通りです。

SSID : sdlbootcamp

暗号キー : sdlbootcamp

動作画面

WiFi接続で、プロジェクションモードも動作しています。

今回の環境で動作させるように修正した各ソースコードを「SDLBootCamp_version」ブランチにアップしています。

【Smart Device Link】画面とかを作ってみる

【Smart Device Link】プロジェクションモードを試してみる

【Smart Device Link】車からの情報を取得してみる


その他

SDLBOOTCAMPのドキュメント

https://micdev-jp.github.io/sdlbootcamp/index.html