Help us understand the problem. What is going on with this article?

OctalBoneScriptを使って3.14 kernelのBeagleBone BlackでLチカする

More than 5 years have passed since last update.

BeagleBone ScriptのSDカードからブートしているUbuntu 14.04でBoneScriptを使いLチカを試してみようと思ったのですがエラーが発生して動作しません。kernelを3.8.13から3.14に上げているのが問題になっているようです。OctalBoneScriptを使うと3.14でもLチカできそうなので試してみます。

GPIOのワイヤリング

ブレッドボートとのGPIOのワイヤリングは、Blinking an LED with BeagleBone Blackを参考にしました。

beaglebone_fritzing.png

LEDや抵抗、ジャンパーワイヤーはAmazonで購入したArduinoをはじめようキットの付属品を使います。

GPIOの拡張コネクタレイアウトはこちらを見ながら作業します。P8とP9の位置は間違えないようにします。

cape-headers.png

BoneScriptのサンプル

BoneScriptはNode.jsでハードウェアをコントロールできるパッケージです。eMMCにインストールしたDebianのイメージでは最初から使える状態になっています。SDカードにインストールしたUbuntuにはBoneScriptはインストールされていないので、package.jsonに記述してnpmからパッケージをインストールします。サンプルプログラムはINSPIRE: BEAGLEBONE BLACK RESOURCESのワークショップを参考にコードを書きました。

app.js
/*eslint-env node */
var b = require('bonescript');  // Read library

var ledPin = "P8_10";  // Select pin
var state = 1;  // Set LED state
var interval = 200;  // Set interval (in ms)

b.pinMode(ledPin, b.OUTPUT);  // Set pin to output

function toggleLED() {  // Switch LED on or off
   state = state ? 0 : 1;
   b.digitalWrite(ledPin, state);
}
setInterval(toggleLED, interval);  // Call function at set interval

BoneScriptのバージョンは0.2.4です。

$ npm list bonesctipt
cylon-test@0.0.1 /home/ubuntu/node_modules/orion/.workspace/led
└── bonescript@0.2.4  extraneous

pinModeのエラー

プログラムを実行するとGPIOを操作するpinModeメソッドでエラーが発生してしまいます。どうもカーネルのバージョンが変わるとデバイス名に変更があるようです。BoneScriptは3.8.xのカーネルでないとpinModeのメソッドは動作しないようです。

$ sudo node app.js
...
/home/ubuntu/node_modules/orion/.workspace/led/node_modules/bonescript/index.js:161
    if(typeof resp.err != 'undefined') {
                  ^
TypeError: Cannot read property 'err' of undefined
    at Object.f.pinMode (/home/ubuntu/node_modules/orion/.workspace/led/node_modules/bonescript/index.js:161:19)

SDカードのUbuntu14.04はカーネルを3.14に上げていました。

$ uname -a
Linux arm 3.14.31-ti-r49 #1 SMP PREEMPT Sat Jan 31 14:17:42 UTC 2015 armv7l armv7l armv7l GNU/Linux

Problem with GPIO / pinMode #93を読むとOctalScriptを推奨しているのでこちらを試してみます。

3.8.x kernelでないとCylon.jsもエラーになる

だだしこの状態だとCylon.jsのcylon-beagleboneもLEDのデバイスを操作できません。Cylon.jsを動かすことが目標なので不都合がでてきます。しばらくはCylon.jsを使う場合、kernelを3.8.13のままにしているeMMCのDebianをブートします。

OctalBoneScriptのサンプル

OctalScriptはBoneScriptをより安定させ良くテストされたNode.jsのライブラリを提供することを目的としています。そのためBoneScriptで書いたコードはOctalBoneScriptと互換性があります。前回コードからrequireするモジュールをoctalbonescriptに変更します。また秒でLチカが終了するようにタイマーのクリアも追加しました。

app.js
/*eslint-env node */
var b = require('octalbonescript');  // Read library

var ledPin = "P8_10";  // Select pin
var state = 1;  // Set LED state
var interval = 200;  // Set interval (in ms)

b.pinMode(ledPin, b.OUTPUT);  // Set pin to output

function toggleLED() {  // Switch LED on or off
   state = state ? 0 : 1;
   b.digitalWrite(ledPin, state);
}

var timer = setInterval(toggleLED, interval);  // Call function at set interval

setTimeout(function(){ clearInterval(timer)},3000);

OctalBoneScriptのバージョンは0.4.12です。

$ npm list octalbonescript
cylon-test@0.0.1 /home/ubuntu/node_modules/orion/.workspace/led
└── octalbonescript@0.4.12 

DEBUG=boneを追加して起動するとデバッグモードで起動できます。ようやくLチカができるようになりました。

$ sudo DEBUG=bone node app.js 
debug: is_ocp() = /sys/devices/ocp.3
debug: is_cape_universal() = /sys/devices/ocp.3/cape-universal.61
debug: Using Universal Cape interface
debug: Enabling analog inputs
debug: load_dt_sync(cape-bone-iio,,)
debug: onFindCapeMgr: path = undefined
error: CapeMgr not found: undefined
debug: load_dt resp: {"err":"CapeMgr not found: undefined"}
debug: load_dt return: false
debug: index.js loaded
debug: pinMode(P8_10,out);
debug: hw.setPinMode(P8_10,gpio,{"value":true});
debug: returned from setPinMode
debug: hw.exportGPIOControls(P8_10,out,[object Object]);
debug: gpio: 68 already exported.
debug: digitalWrite(P8_10,0);
debug: gpioFile = /sys/class/gpio/gpio68/value
debug: digitalWrite(P8_10,1);
debug: gpioFile = /sys/class/gpio/gpio68/value
debug: digitalWrite(P8_10,0);
debug: gpioFile = /sys/class/gpio/gpio68/value
debug: digitalWrite(P8_10,1);

error: CapeMgr not found: undefined

Lチカは成功しましたがerror: CapeMgr not found: undefinedのエラーメッセージが出ています。すでにリポジトリのIssuesに上がっていました。error: CapeMgr not found: undefined #11

kernel 3.14ではCapeの構成を動的に変更することができなくなっているようです。OctacBoneScriptではGPIOとしてPinを使うモード変更はサポートされていないためエラーが発生しますが、一応Lチカはできるみたいです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした