Posted at

2015/4/9 Google Developers Summit Tokyo 自分用メモ

More than 3 years have passed since last update.

https://events.withgoogle.com/gdstokyo-201501/


9:45 多様化するデバイス環境から考えるユーザー体験とエコシステム


  • 及川 卓也 (Engineer Manager, Google, Japan), Chrome のmanager



  • Web 技術, 開発されてから25年が経つ


    • Web技術の進化、いかにラクできるかというフェーズになっている

    • Web と何か、ではなくて、組み合わせて何ができるかというフェーズになっている




  • web components


    • custom elements

    • shadow(virtual) DOM など




  • polymer, polyfil の技術




  • Web Starter Kit




  • Material Design


    • Google のProduct 間でUI が共通化されていなかったのを統一したかった




  • Tools




  • アメリカユーザー、インストールされているアプリ平均33個のうち, 1/3 しか使われない


    • 見つけてもらうのが難しくなる

    • 検索されることが必要になる

    • deep link, app index が必要になってくる




  • Physical Web


    • Mobile とWeb、どう繋ぐか


      • 「続きはWeb で」で次に繋げる方法は現状2つしかない、ブラウザでテキストを打ち込むか、QR コード。QR コードはフィッシングサイトに誘導されるリスクある



    • IoT で、デバイス同士がURIビーコン で通信することを提案している




  • service worker


    • inteligent なproxy

    • app をインストールすることなくサービスを提供する




  • 雑感


    • web components, polymer, Chrome dev editor, Physical Web, service worker など、知らなかったけど面白そう、便利そう。でもいつキャッチアップできるんだろう。。




10:15 ユーザーを魅了するネイティブアプリ経済圏の広がり 〜 モバイル、ウェアラブル、リビングルーム


  • 松内 良介, Developer Advocate, Google Japan, アジアチームのコンサルとかやってる人



  • テーマ


    • ネイティブアプリの世界がどうなってるか

    • ユーザーの不満、期待

    • 求められるアプリの品質




  • スライド(たぶんほとんど同じもの): http://news.mynavi.jp/articles/2015/02/25/google/


    • ユーザーのレビューで多いものをピックアップして紹介してくれている。

    • ただ、重い、とかアプリである意味がない、とか、まぁ言ってみれば当たり前の内容




  • 没入する体験、TV とか


    • watch は没入してはいけない体験




  • 高い評価と収益性




  • ユーザーはアプリらしい動きを求めている


    • オフラインで動く

    • バックグラウンドで勝手に同期してくれる



  • 中断感が少ない遷移 (マテリアルデザインの中の1つの概念)



  • 劣化コピーの悲劇


    • Web 体験

    • ↓ 劣化コピ―

    • 他 platform

    • ↓ 劣化コピー

    • Android




  • Android Quality Guideline、ユーザーの苦情が詰まってる




  • 雑感


    • カメラパシャパシャがうるさくて集中できなかった

    • 発表の後、運営の方が自粛を促してくれていて素晴らしかった




11:00 Google Cloud Platform で知る Google クラウドの「Google らしさ」


  • 佐藤 一憲, Developer Advocate, Google Japan, Docker Meetup とかやってる



  • Google 開発プロダクトの進化


    • BigTable => 後継 の Spanner/F1

    • GFS => 後継のColossus



  • Google index サイズ、100 PB



  • Big Query


    • REGEXP_MATCH, LIKE 検索が100億行のテーブルで5秒で終わる




  • Google App Engine


    • コンテナ、1台40ms で起動する




  • Live migration で、MySQL replication しながらでもコンテナの移動が可能




  • 雑感


    • AWS はたまに物理サーバのメンテナンスで引っ越ししないといけないとかある(今もあるよね?) けど、Live Migration でよしなにやってくれるのであればそれはすごいなぁ




13:00 マテリアルデザインの概要


  • 松内 良介, Developer Advocate, Google Japan



  • tangible Surfaces: 手触り感


    • 手触り: z-index を意識する、プラットフォーム(Android 側) でサポートする(API)

    • リップル効果: 触った実感をフィードバックとして表現してあげる


      • 触った要素がせり上がるとか



    • CardView


      • シャドウとかを提供してくれてる

      • コンテンツによって行数とかレイアウトを変えやすいので汎用的





  • whiteframe 素材: http://www.google.com/design/spec/resources/layout-templates.html#



  • フォント (A Bold, Print-Like Aesthetic, 印刷物を参考にしたUI)


    • フォントに濃淡をつけるだけで論理階層が作れる。ムダな枠線はいらなくなる




  • Grid, Keyline


    • ユーザーに線を見せなくても、線を表現することができる

    • 階層を直接書かなくても、階層を表現することができる




  • Primary Color とAccent Color をうまく使う


    • Primary Color が白or黒 なのは少数派

    • Primary Color は開発の初期に決めておいたほうがよい、後になるとデザインの整合性が狂う




  • Immersive Contextual Imagery


    • 没入感のある表現




  • Meaningful Motion


    • 連続性のある遷移、アニメーション




  • アニメーションの速度を直線的でなく曲線的に変える



  • Web では、Polymer を利用することで、アプリと同じUI を提供できる



Android Wear でのアプリ開発手法


  • 山口 能迪, Developer Advocate, Google Japan



  • そもそものコンセプト


    • 通常の生活の中に占めるスマホの利用時間を少なくしたい


      • ムダな通知の確認とか、人が集まっているのにみんなデバイスを見ている状態、とかいうのを無くしたい






  • UI


    • 小さいのでスマホとは別

    • コンテキスト(見せるコンテンツ) とアクション(ボタンなどのインタフェース)に集中

    • 歩きながらでもそのアプリが使えないようであれば(それほど一瞬で認識可能、シンプルでないのであれば) 、UI を再考したほうがよい




  • 開発




  • 通知


    • L0: スマホアプリから通知を出すだけ

    • L1: 通知のリッチに。写真を大きく出したりとか

    • L2: バックグラウンドでデータ取得して通知、など




実践 Google BigQuery


  • 本多 一行, Quipper. Ltd



  • テーマ


    • BigQuery, 速い以外のメリットは?




  • 「我々はサーバーを管理したいのではない、データを分析したいのだ」


    • BQ はフルマネージド

    • Google Apps Script, Goole AppEngine, Google Cloud Logging, Google Analytics Premium との連携




  • 特徴


    • 小さく始められて、遅くならない

    • 1000行のクエリとかでも1秒くらいかかるけど、100億行に増えても5秒で済む



  • JSON 突っ込んでおけばスキーマレスで解析できる


  • Streaming INsert は1万行/秒だが、申請すれば10万行まで可能



Deep Linking と App Indexingを使って検索結果からアプリへ


  • Jarek Wilkiewicz, Developer Advocate, Google



  • 動画




  • App Index API, 検索結果(サジェスチョン) にアプリのコンテンツが表示できる


    • Android のCookpad アプリの例




  • 実装手順


    • deep link support


      • android のmanifest.xml に追加



    • implement AppIndexAPI


      • Activity を受け取ったら、API 呼び出し



    • Google Developer Console


      • verify website



    • もしhttp スキームをサポートしていなかったら、追加作業


      • web 側にscheme を書いておく

      • sitemap にも書いておく



    • Web master tool で確認できる




  • Q. app index される条件があるか?


    • クローラーが認識できていないとうまく表示されない




  • Q. クックパッドが出てたけど、どうやればいいの?


    • App Index API に対応してれば出る

    • 対応アプリが増えてきたら、表示されるものは多くなる

    • 表示順は、検索と同じアルゴリズムが適用される(はず)




  • Q. http とhttps がある場合は?


    • 両方実装する必要がある




復習

http://googledevjp.blogspot.jp/

@googledevjp


  • セッションの内容を確認するクイズがあって面白かった