ATOM
windows7

Atom レジストリエントリを含むアンインストール方法(Windows版)

More than 1 year has passed since last update.

ドキュメンテーション https://atom.io/docs を uninstall で検索しても記載がなかったのでメモ

アンインストール後の状態

他のプログラムと同様、コントロールパネル-「プログラムと機能」から [アンインストール] した後、以下の状態になる:

一部フォルダが残る

一部レジストリエントリが残る

  • バージョン1.2.4では少なくとも残る
  • バージョン1.4.3(2016/2/9現在最新)では解消されている
    • アンインストール後、レジストリエントリも削除される

必要であれば以下を行う。

残ったフォルダの削除

  • 以下を削除する
    • C:\users/(usrename)/.atom
    • C:\users/(usrename)/appdata/local/atom

コンテキストメニュー(いわゆる右クリックメニュー)に含まれる "Open with Atom" メニューは:

  • バージョン1.2.4では
    • 両フォルダを削除すれば消えてくれる
  • バージョン1.4.3では
    • 両フォルダを削除しなくても、Atomをアンインストールすれば消えてくれる

atom_reg01.jpg

残ったレジストリエントリの削除

  • レジストリエディタを開く
  • レジストリの最上位階層から open with atomatom.exe で検索
  • 見つかったエントリを削除

最初に見つかるエントリ

HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\Atom
HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\Atom\command
  • 後者は atom.exe で検索すると見つかる
  • 下図の場合、左ツリーに見えている「Atom」フォルダごと削除すればよい

atom_reg02.jpg

次に見つかるエントリ

  • 各階層に存在する \command フォルダもそれぞれ削除する
HKEY_CLASSES_ROOT\directory\background\shell\Atom
HKEY_CLASSES_ROOT\directory\shell\Atom

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\*\shell\Atom
HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\directory\background\shell\Atom
HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\directory\shell\Atom

さらに見つかるエントリ

  • 以下のエントリも見つかる(はず)
  • ただし、削除前の検索では見つかるものの、上述「次に見つかるエントリ」を上から削除していくと存在しなくなっていた
  • S-1-5-21- ... で始まる数字部分は環境によって異なるかもしれない
HKEY_USERS\S-1-5-21-4082386584-2154754650-3463350242-4620\Software\Classes\*\shell\Atom
HKEY_USERS\S-1-5-21-4082386584-2154754650-3463350242-4620\Software\Classes\directory\background\shell\Atom
HKEY_USERS\S-1-5-21-4082386584-2154754650-3463350242-4620\Software\Classes\directory\shell\Atom

HKEY_USERS\S-1-5-21-4082386584-2154754650-3463350242-4620_Classes\*\shell\Atom
HKEY_USERS\S-1-5-21-4082386584-2154754650-3463350242-4620_Classes\directory\background\shell\Atom
HKEY_USERS\S-1-5-21-4082386584-2154754650-3463350242-4620_Classes\directory\shell\Atom