Vim で golang を書く環境を整える

More than 1 year has passed since last update.

vimでgo言語のコーディングをする場合にsyntaxであったり、gofmt,goimportsを使って

コーディングを楽にできるのですが、色々書いてくれている人の記事が個人的に複雑に感じたので

個人的にまとめてみました。


golangのインストール


OS X

$ brew install golang


CentOS

$ sudo yum install golang --enablerepo=epel


Ubuntu

$ sudo apt install golang


GOPATH用のディレクトリを作成

$ mkdir $HOME/.golang


.zshrc への環境変数の設定(bashの場合は.bashrc)


  • vim ~/.zshrc で編集

export GOPATH=$HOME/go

export GOROOT=$( go env GOROOT )
export PATH=$GOPATH/bin:$PATH


  • .zshrcの再読み込み(bashの場合は.bashrc)

$ source ~/.zshrc


vim-go のインストール


vim-goの前にvimのプラグイン管理をインストール

今回はvimのプラグイン管理としてvim-plugを使います。

$ curl -fLo ~/.vim/autoload/plug.vim --create-dirs \

https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim


.vimrcの編集


  • vim ~/.vimrc

call plug#begin('~/.vim/plugged')

Plug 'fatih/vim-go'
call plug#end()


pluginのインストール


  • プラグインインストール

vim +PlugInstall +q +q

vim +GoInstallBinaries +q +q


  • goimports が実行されるよう設定を追加

$ vi ~/.vimrc

let g:go_fmt_command = "goimports"