vue.js
nuxt.js
ElementUI

nuxt.js 1.0.0-rc11+element ui 2.0.8を動かす

bash on windowsの設定

  1. Bash on Windowsのホームディレクトリ変更
  2. Node.jsの導入

nuxt.js + element uiの導入

$ mkdir nuxt
$ cd nuxt
$ npm init
$ vi package.json

package.jsonの中身

今回使用したバージョンではdependenciesのvue関連の3つのバージョンをそろえて記載しないとエラーとなります。
元ネタのURL
{
"name": "nuxt",
"version": "1.0.0",
"description": "Nuxt.js project",
"author": "",
"private": true,
"scripts": {
"dev": "nuxt",
"build": "nuxt build",
"start": "nuxt start",
"generate": "nuxt generate",
"lint": "eslint --ext .js,.vue --ignore-path .gitignore .",
"precommit": "npm run lint"
},
"dependencies": {
"nuxt": "^1.0.0-rc11",
"vue": "^2.5.3",
"vue-server-renderer": "^2.5.3",
"vue-template-compiler": "^2.5.3",
"element-ui": "^2.0.8"
},
"devDependencies": {
"babel-eslint": "^7.2.3",
"eslint": "^4.3.0",
"eslint-config-standard": "^10.2.1",
"eslint-loader": "^1.9.0",
"eslint-plugin-html": "^3.1.1",
"eslint-plugin-import": "^2.7.0",
"eslint-plugin-node": "^5.1.1",
"eslint-plugin-promise": "^3.5.0",
"eslint-plugin-standard": "^3.0.1"
}
}

$ npm i

動かすためのファイルを作成

ファイルの中身はこちらを参照

設定ファイル
・nuxt.config.js
・plugins/element-ui.js

コンテンツ
・layouts/default.vue
・pages/index.vue

nuxt.jsを動かす

$ npm run dev
OPEN http://localhost:3000
と表示されたら成功です。

また、「npmのせいではない」といった内容のエラーが出た場合は、
ポートが使用されている場合があるので、bash on windowsを再起動するなどして解消させました。