Posted at

IdeaVim でマルチカーソルを使う

IdeaVim の 0.50 から、Vim キーバインドでマルチカーソルが使えるようになりました。

使えるようにするには、プラグインを最新の状態にして、機能を有効にします。


  • ホームフォルダの .ideavimrc を開きます。(なければ作成)


  • set multiple-cursors という行を追加します

  • お使いの JetBrains IDE を起動します。

これで、マルチカーソルが使えるようになりました。

使えるキーバインドは、次のとおりです。

<A-n>: Alt/Option + [n]

- カーソルがある単語を選択。すでに選択状態のときには次の単語を選択

<A-x>: Alt/Option + [x]

- 最後に選択した単語を選択解除

<A-p>: Alt/Option + [p]

- 最後に選択した単語を選択解除して前に戻る

g<A-n>i : g のあと Alt/Option + [n]

- 直前のマルチカーソルの状態に戻る

複数が選択された状態で、[c] コマンドなどで編集するとマルチカーソルで一度に変更できます。

JetBrains IDE の場合は、[F6] で変数名を変更するような場合には、勝手にマルチカーソルになってくれたりしますが、取捨選択して変更したいときなどに便利ですね。

上記のムービーでは



  • <A-n>id をすべて選択


  • <A-p>id 戻す


  • <A-n><A-x> で必要な id だけ選択


  • c で修正

といったことをやっています。