Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubにpushしてしまったコミットメッセージを変更する方法

私事ですが、個人開発をしていたところコミットメッセージをミスってpushしてしまったので何か解決方法はないかと思い調べてみました。

下記の記事のようにpushを取り消して、コミットメッセージを修正して再度pushすると言う手もあるかと思います。
【Git】間違ってpushした場合の取り消し方

しかし今回は、ミスってpushしたものを上書いてpushしようかと思います。

つまり、流れは「コミットメッセージを変更」→「GitHubへpush」と言う感じです。
めっちゃシンプルですね。

流れ

1. コミットメッセージを変更する

$ git commit --amend -m "コミットメッセージを修正"

($は不要です。)

2.保存したらコミットメッセージが変更できたことをgit logで確認

$ git log
# commit 1d5e7462e4d23dbe62e4eaac483012a97dd829e0
# Author: taro <taro@mail.com>
# Date:   Wed Jan 8 18:43:10 2020 +0900
#
#    コミットメッセージを修正

ちなみにgit log -1で直前1件のログが確認できます。
(詳しくは「git log オプション」などで検索してみてください。)

3.GitHubへpushを行う

$ git push --force-with-lease リポジトリ名 ブランチ名
# 例) git push --force-with-lease origin master

git push -f をやめて --force-with-lease を使おう
フォースプッシュはリポジトリの履歴に上書きされる為、共同開発する際は問題が起きる可能性があるので注意が必要かと思われます。

4.Githubで確認

最後にGithubで変更されたことを確認してみてください。
ミスってpushした部分のコミットメッセージが変わっていれば成功です!

以上、何かご指摘があればよろしくお願いします!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした