Help us understand the problem. What is going on with this article?

anacondaでnumpyやscipyのインポートに失敗してしまうバグについて

More than 3 years have passed since last update.

import numpyのエラー

Windowsでanacondaを入れて、numpyをインポートすると、
失敗してしまった。

image

指定されたプロシージャが見つかりませんということだ。

またnumpyができたとしても、scipy.ioなどのインポートでも「指定されたプロシージャが見つかりません」というエラーが出てしまう。

同じようなエラーの人がいてこれかなあと思ったけど治らなかった。
http://qiita.com/eqs/items/79620732946939c7e3d1

こういうエラーではDependency Walker(http://www.dependencywalker.com/ )というツールを使うと原因がわかるということだ。

Dependency Walker

ではどのファイルをDependency Walkerで開けばいいのか、
エラーがあったのは"C:\Anaconda3\lib\site-packages\numpy\core_init_.py"でmultiarrayをインポートしてエラーしている
よって"C:\Anaconda3\Lib\site-packages\numpy\core\multiarray.pyd"を開いて確認する。

image

こうしてみると、system32のmkl_intel_thread.dllがだめだということだ。

エラーしないマシンもあったので、比較すると、mkl_intel_thread.dllは赤くならない。
しかも!!そっちのマシンではmultiarray.pydに関連付けられているmkl_intel_thread.dllはsystem32にはなく"C:\Anaconda3\Library\bin"にある!

エラーするマシンでもmkl_intel_thread.dllはs"C:\Anaconda3\Library\bin"にある!

さらに、system32のmkl_intel_threadはバージョン10で、anaconda3のほうはバージョン11である。

これが原因だ!

MKLとは

MKLはMath Kernel Libraryでintelが開発しているものだ。

最新のnumpyではどうやらこれが必要(しかもバージョン10ではだめ)である。

今回のエラーでは、System32の方を優先して参照していたようだ。

結局

system32のmkl_intel_thread.dllを削除することで解決することができた。

image

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away