Vim

Vimスタートガイド

More than 3 years have passed since last update.

メモがてら、よく使うvimの設定やコマンドを書いていこうと思う。

色々な事ができるらしいが、私は主に、ササッとファイルの編集をしたいときなどに使う。

vimの全てを書くのではなく「役に立つ」、「使いやすい」の感覚までを目指して。


vimって何?

コンソール上で動くテキストエディタ。

gitの標準core.editorにもなっているので、guiツールを使わない変態には必須。

愛されている。


使い方

$ vim <filename>

これだけ。そのファイルがない場合は、保存すれば新規ファイルになる。


モードの概念

正確にはもう少しあるが、大きく分けてコマンドモードと挿入モードがある。

ちなみにカーズ様は光のモード。


  • 挿入モード

    普通のテキストエディタのように、文字を入力するモード。特に解説も不要だと思うので割愛。



  • コマンドモード

    入力に対応した操作を実行してくれるモード。

    挿入モードからescキーを押すことで起動する。

    ここから更に":"を入力すると、exモードに突入する。

    最低限必要なコマンドを書いておくと


    • :w 保存。

    • :q 終了。

    • :q! 変更を保存しないで終了。

    • :wq 保存して終了。要するにwとqを同時に行う。

    • ZZ 保存して終了。



これだけじゃイマイチわからないだろうから、実際に適当なファイルを作ってみる。


  1. $ vim foo #これでvimが起動。

  2. "i"を入力 #挿入モードに 。

  3. "bar"と入力 #テキストを入力。

  4. esc, :wqの順に入力 #内容を保存して終了する。ZZでも可。

これで"bar"と書かれたfooという名前のファイルが出来る。

ここまでだと、ただのめんどくさいエディタなので、本題は次回から。