Vim

Vim 初心者ガイド

More than 3 years have passed since last update.


コマンドを使いこなして、素早く編集

前回はVimの基本的な使い方を書いたが、ここではVimを便利だと感じるような、よく使うコマンドを書いていく。

「それくらい大抵のエディタやIDEでもできるよ。」と思うかもしれないが、重要なのは「ササッと起動して、パッと編集できる」こと。


(使い込めば、よくできたIDE並みの性能も発揮できるらしい。)


場面に応じて使っていこう。

これさえ覚えれば便利に使えるレベルのものをまとめる。

以下は、全てノーマルモードでの操作


カーソル移動

動作
コマンド

指定行へ
(行数)G

ファイルの先頭へ
gg

ファイルの末尾へ
G

行頭へ
^

行末へ
$

"hogehoge"がある場所へ(文字列検索)
/hogehoge

次のコマンドは概念が共通しているので、まとめて覚えよう。


数字 + コマンドで、数字分だけ飛ぶことも可能。


e.g. 5w -> 5つ先の単語へ

○○へ
コマンド
覚え方

次の単語(先頭)
w
word

次の単語(末尾)
e
end

前の単語
b
back

次の文字
l
letter


k


l


j


h

最近のPCはだいたい十字キーがついてるので、上下左右は手を動かすのがよほど面倒で無ければ覚える必要なし。


最初に覚えるコツは、人差し指と中指に上下差を作って配置してみること。


コピー&ペースト

コピペと言っても、クリップボードを使うのではなく、バッファを利用したもの。

「ヤンク」と呼ばれている。

① 操作

動作
コマンド

ヤンク
y

削除 & ヤンク
d

カーソル位置より右にペースト
p

カーソル位置より左にペースト
P

感覚的には、Pの方が普段使っている貼り付けの動作に近いだろう。

② 単位

単位
コマンド


y

単語
w

文字
l

行末まで
$

行頭まで
^

大まかな操作の流れは


  1. ①から操作を選ぶ

  2. 数字で範囲を選ぶ(1の場合は省略可能)

  3. ②から選択したい単位を選ぶ

e.g.


カーソル位置の行の内容を、1行上にずらす


dd → k → P

カーソル位置から5単語文の内容を、ファイルの末尾にコピペする


y5w → G → p

とりあえず、サクサク作業するのに必要なコマンドはこれだけ。

次回は、快適にVimを使うための設定について書く予定。