Help us understand the problem. What is going on with this article?

見慣れないpythonファイルの正体(form.py,context_processors.py)【Django】

はじめに

DjangoでWEBアプリを作っている時にform.pyやcontext_processors.pyという見慣れない名前のPythonファイルを作ったので調べてみました。

form.py

どのような(データ型の)フォームを作るのかを記述するファイル。
どのようなテーブルを作るのかを記述するmodel.py的なノリ。
Djangoから提供されるFormクラスを使うとバリデーションを簡単に実装することができるというメリットがある。

以下form.pyの例

form.py
from django import forms

class ContactForm(forms.Form):
    subject = forms.CharField(max_length=100)
    message = forms.CharField(max_length=1000)
    sender = forms.EmailField()

このform.pyをviews.pyで引きつぐことでフォームを作る。

views.py
from django.shortcuts import render
from django.http.response import HttpResponse
from .forms import ContactForm #form.pyの引継ぎ

def index_template(request):
    form = ContactForm()
    return render(request, 'index.html', {'form': form})

HTMLファイルに{{ form }}と記述することで、指定したデータ型のフォームを作ることができる。

form.html
<html>
  <body>
    <form>
      {{ form }}
    </form>
  </body>
</html>

ページにアクセスすると入力フォームが完成している。
ところが、まだ入力された情報をサーバーに伝えることはできない。
これを実現するために、formタグにactionmethodを指定して送る場所と送る方法を記述する。さらに、送信するためにsubmitボタンを配置する。
ただし、同じviewで入力された情報を受け取るばあにはactionは指定しなくてもよい。

form.html
<html>
  <body>
    <form action="" method="POST">
      {% csrf_token %}
      {{ form }}
      <input type="submit" value="送信"/>
    </form>
  </body>
</html>

入力された情報の処理はviews.pyに記述する。
処理を追加したviews.pyは以下のようになる。

views.py
def form_test(request):
    if request.method == "POST":
        form = MyForm(data=request.POST)  # ← 受け取ったPOSTデータを渡す
        if form.is_valid():  #受け取ったデータの正当性確認
            pass  #正しいデータを受け取った場合の処理
    else:  #methodが'POST'ではない = 最初のページ表示時の処理
        form = MyForm()
    return render(request, 'polls/form.html', {
        'form': form,
    })

正しいデータを受け取った後はDBなどにデータを登録し、別ページにリダイレクトするなどの処理が行われる。

参考サイト

公式ドキュメント
DjangoBrothers-フォームの扱い方-
SamuraiBrog-formを作ってみよう-
Qiita-Djangoチュートリアル(5)-

context_processors.py

参考サイト

https://qiita.com/zabeth129/items/57c3e8a0f606633786b2

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away