Edited at

EclipseにPHP開発環境入れる2018年2月時点

More than 1 year has passed since last update.


この記事について

Java開発に使っていたEclipse(Neon)にPHP開発環境が必要になって入れる話。色んな情報がネット上にあるので現時点(2018年2月)で可能な限り正確と思うものをメモ。プラグインにしろフレームワークにしろ色々進化してどんどん情報が古くなるよね :cry:


手順


前提とか

ざっとネットで調べてわかったことをまとめる


  • PHPStorm は有料なので手元のEclipseで構築することにした

  • 使いたいフレームワークはLaravel

  • Composerも使いたい

  • EclipseのPHP開発環境用のプラグインはPDTを使う


    • 最新情報は2017年6月の公式の記事を読むべき↓



    • Neon3 用にはPDTの4.3が提供されている。4.3にはComposerは含まれていない。5.0には含まれている(はず。未確認)。

    • Eclipseでプラグインをインストールする時に表示される「PHP開発ツール Composerサポート」は必要。PDTの5.0ならComposerも統合されているらしいが、4.3では統合されていないっぽいのでPDTとComposerサポートの両方をイントールする。






Eclipseプラグイン追加とLaravelの新規プロジェクト



  • ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール から「PDT」と「Composer サポート」の両方をインストール

  • 新規プロジェクトから「ComposerパッケージらのPHPプロジェクト」でプロジェクトを作成し、途中でパッケージを選択するところでLaravelを選択する

これ以降はLaravelの話なので別にまとめる。学ぶこと多すぎ :cry: この辺参考にする