Edited at

RaspbeeryPiからのセンサーデータの可視化(SORACOM Harvest編)

More than 1 year has passed since last update.


目的

RaspberryPiで取得したセンサーデータをSORACOM Harvestに送信(JSON形式)


参照

SORACOM公式サイト

SORACOM Harvest でデバイスのデータをクラウドで収集・取得・可視化する

温湿度データ取得のget_temp()については、以下参照

RaspberryPiでDHT11センサーから温湿度データを取得


SORACOM Harvestの設定


ソースコード


sendharvest.py

# coding: UTF-8


import sys
import time
import json
import requests
from gettemp import get_temp

while True:

try:
# 温湿度データ取得
temperature, humidity = get_temp()
if temperature == 0:
continue

# jsondata編集
data = {"temperature": temperature, "humidity": humidity}

# SORACOM Harvestに送信
r = requests.post('http://harvest.soracom.io', data=json.dumps(data),
headers={'Content-Type': 'application/json'})
print r
except:
pass

# 指定された秒数スリープ
time.sleep(30)



実行

実行

sudo python sendharvest.py

※成功するとレスポンスコード201が返ってきます

実行結果をSORACOMのコンソールから確認。

赤い線が温度、青い線が湿度です。