vps
Conoha

conohaのロードバランサーを使う時のコツ

conohaでロードバランサーを使う時、
メンテナンスが大変。
ということでコツを紹介。

nginxにサーバー初期ドメインを設定しておく

サーバーvps設定に逆引きホスト名がある。

v150-95-222-25.a0d1.g.tyo1.static.cnode.io

これが俗にいうサーバーの初期ドメイン。

nginxに設定

server {

listen 80;
server_name v150-95-222-25.a0d1.g.tyo1.static.cnode.io;
root /var/www/html/your.com/webroot/;
index  index.html index.php;



location / {
try_files $uri $uri?$args $uri/ /index.php?$uri&$args /index.php?$args;
}

location ~ \.php$ {
try_files      $uri =404;
fastcgi_pass   unix:/var/run/php-fpm.sock;
fastcgi_index  index.php;
fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
include        fastcgi_params;
}

}

//他、独自ドメインやらいつもの設定。

こんな感じ。
これでサブドメインをロードバランサーを使って複数台運営しててもピンポイントでサーバーにアクセスすることができるようになる。

サーバーを立て直したい

外部DBを使っているとわざわざIPアドレスを指定しなければいけない。
サーバー削除 → サーバー構築ではIPアドレスが変わる。
そこで、サーバー再構築というメニューがあるので、それを使ってサーバーを立て直す。
そうすればIPアドレスを変更せずにサーバーの内容をまるっと再構築できる。

ちなみにサブドメイン設定をした nginx を他サーバーにコピーしていっても
正常に動作するので問題ない。