Xcode
iOS

iOSアプリのサイズが増え続けて困った時の話し

グレンジ Advent Calendar 2017 10日目担当の ma510 です。
株式会社グレンジで、クライアントエンジニアやってます。

今回は、iOSアプリのサイズが、実行してるだけでどんどん増え続けるので、開発し辛くなって困った時の話しです。

どうしてこうなった

ちょっと前に、iOSアプリを開発中、アプリサイズが制限なく増え続けて、1時間もすると端末の容量を食い尽くし、アプリを再インストールしないといけなくなる事態にハマりました。

以下の感じです。

1. 端末にアプリを転送する
2. 端末でアプリを実行する
3. ファイルをダウンロードしてないのに、ストレージの「書類とデータ」が制限なく増えていく
4. 画面を行き来してるだけでどんどん増える
5. 端末のストレージの容量が足りなくなり、動作しづらくなる
6. アプリを削除する

アプリを再インストールすると、ダウンロードとかやり直しになるので、とっても開発し辛いのです。

このときは、パッと原因を思いつかなかったので、後回しにしちゃいました。

調べることにした

2日ぐらい放置してたんですが、再インストールが面倒になってきたので、調べることにしました。

まず、同僚に聞いてみました。

「そんなん、なったことないです」
「なにそれ、初めて聞いた」

どうやら自分だけのようです。

実際に何が増えてるのか、ダウンロードフォルダとかを監視してみました。

「特に変化なし」

なんでや。

以前はなってなくて、ちょっと前からなり始めたので、何か原因があるはずだけど直せない、くうー。

急に解決

数日後、ふと、Xcodeの設定を変更してたことを思い出しました。

不具合調査のため、以下の設定を有効にしていました。

Edit Scheme -> Run -> Diagnostics -> Memory Management -> Logging -> Malloc Stack

この機能、普段は使ってないんですが、よく分からないまま試しに有効にして、そのままにしてた。。。

そして、この設定を無効にしたら、アプリのサイズが増えなくなりました。

やったー!

まとめ

1. 開発効率が悪いなと思ったら放置しない
2. 不具合が起きたら自分を疑う
3. よく分からない機能は使わない

以上、楽しいクリスマスを!!