Help us understand the problem. What is going on with this article?

SORACOM Funnel で IMEIやIMSI(といったヘッダ情報)を付けずにそのままデータを流す方法 (AWS IoT使う)

More than 1 year has passed since last update.

ソラコムサンタが街にやってくる

#ソラコムサンタ という、ハッシュタグ #ソラコムサンタ をつけると、もしかすると実装されるかも!という、なんともユルい企画がございます

さすがに12月なのでどんなお願いが来てるのかをチョット見たところ、気になる #ソラコムサンタ を見つけました

確かに。

どういうお願い?

SORACOM Funnel というクラウドアダプタサービスがあります。
最小構成だと4つくらいのパラメータを設定してもらうだけで AWS IoT や Azure Event hubs にデータを送れるようになるというサービスです。

実際に SORACOM Funnel を設定して、デバイスから下記のように送ってみます


curl -H "Content-Type: application/json" -d '{"my_name": "is max!!", "old": 39}' funnel.soracom.io

するとクラウドサービス側では、こんなJSONで受け取ることになるのです

AWSIoTで受けた場合の例
{
  "operatorId": "OP0099999911",
  "timestamp": 1513816876880,
  "destination": {
    "resourceUrl": "https://AWSIOT-ENDPOINT.iot.us-west-2.amazonaws.com/rawdata/#{imsi}",
    "service": "aws-iot",
    "provider": "aws"
  },
  "credentialsId": "awsiot-dataaccess0",
  "payloads": {
    "my_name": "is max!!",
    "old": 39
  },
  "imei": "359999999999991",
  "sourceProtocol": "http",
  "imsi": "449999999999993"
}

デバイス側から送ったデータが payloads というキーに押し込まれて、その他便利に使ってもらえる付帯情報がくっつくフォーマットです
一見便利そうなのですが、このJSONを例えば Amazon Elasticsearch Service へ流したりすると、データの加工のひと手間が必要だったりと、逆に面倒ということもあるので「付帯情報をつけないオプションって無いのかなー?」というお願いということで理解しました!

ソラコムサンタの代わりにお届け(限定的ですが)

AWS IoTを使うということになりますが、論よりコード
AWS IoT のルール (今はACTって名称になりましたね) で、こんな感じに設定してみてください

SELECT payloads.* FROM 'rawdata/#'

payloads.*が肝です。これで「payloadsの中身を取り出す」という宣言になります
すると rawdata/ トピックに投げられたJSONは、下記のように再構成されます

{
  "my_name": "is max!!",
  "old": 39
}

でも、困るような気が。

データ内に識別できる情報が抜けてしまっていて、どのデバイスからのデータかわからなくなってしまうと思います
そのため、例えば IMSI (International Mobile Subscriber Identity) を加える場合は、こんな感じになります

SELECT payloads.*, imsi FROM 'rawdata/#'

imsiがポイントです。下記のように取り込まれます

{
  "my_name": "is max!!",
  "old": 39,
  "imsi": "449999999999993"
}

おわりに

どうでしょう?お届けに足りる内容であればうれしいです!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした