Edited at

超初心者が受けるJS社内勉強会:第2回


前回のおさらい

文字列は' 'か、" "で括る


今回は「型」のお話し

型は値の種類。:文字列、数字、数値

型?もう言葉の意味がよくわからんっ!!てなったので調べたが、結局よくわからなかったので、あまり言葉の意味は気にしないことにした。


数値(Number)

0,1,2,3,.....,-1,-2,-3,.....

例えば、こんな風に。

int = 2019;

int = -9999;


変数の中身は、最後に代入された値で上書きされる

a = 1

b = 2

a = 5

a + b = 6

数学的な意味はなく、左は箱で、単なるいれもの。右が値となり、基本的に下に書いたものに上書きされる。


文字列(String)

'文字列'" "、ダブルクオートでもOK。


論理値(Boolean)

truefalse のどちらかしかない


配列(Array)

箱が連なったもの。0から始まる。

arr[0] = 3 ※0番目の箱に3を代入、という意味

arr = []; //空の配列


2次元配列(配列に配列をいれたもの)



arr = [

[ 1,2,3 ] //※0の中身
[ ‘あああ’ ,’いいい’ ] //※1の中身
[ ] //※2の中身。空の配列の場合
];


  • 0,1,2という連なったarrという箱がある

  • 連なるためには,(カンマ)で区切らなければならない

  • 最後はカンマは必要ない

カラーボックスのようなイメージ。カンマは留め具。

IMG_0001.png


オブジェクト(Object)

obj = {‘name’ : ’Tom Cruise’ , ‘type’ : ’human’ , ’job’ : ’actor’}

obj = {name : ’Tom Cruise’ , type : ’human’ , job : ’actor’} ※プロパティは' 'で囲まないでもいける

obj = {}; //空のオブジェクト



  • nameのことをプロパティとよぶ。(nameの中にTom Cruiseが入ってる)。

  • プロパティは自分で決められる


  • Obj.name (Obj[‘name’])はできるが、逆はできない Obj.type

予約語の場合、' ' などで括らないと使えない。

IMG_0002.png

objectは、それを表すために必要な情報。名刺のようなもの、と理解した。


その他、それぞれの箱の概念。


  • arrayはindex、objectはproperty

:pig_nose:

超初心者が受けるJS社内勉強会:第3回