Edited at

超初心者が受けるJS社内勉強会:第3回

今回はconsoleでいろいろやってみよう!という会でした。

aaa.png

足したり引いたり、計算結果の確認が即座に出てきます。便利!


演算子について


四則演算


  • 足し算 +

  • 引き算 -

  • 掛け算 *(アスタリスク)

  • 割り算 /(スラッシュ) 0で割ることができない。0を使うことが内容にする。

  • 剰余  %(割り算のあまり)例:7%3; → 1 ・・・7を3で割ったら1余る、という結果。


計算の優先順位が決まっている

掛け算割り算が優先される

- 2+3*4 =14

- (2+3)+4 =9

- ((2+3)*4) =20

- (3+5)*20%(8-2) =4


文字列演算



  • 'abc' + 'def';


    • 文字列の結合
      例:'123' + '456' //123456 ※123+456=579ではない




  • parseInt('123') + parseInt('456') //579



    • parseInt とは、文字列を整数に変換するJavaScriptのグローバル関数の事。




  • '123'*1 + '456' *1 //579


    • 文字列の数字に1をかけると数値になる。JSが勝手に解釈するらしい。




多様な文字列の結合



  • 123 + '' + 456 //123456


  • '123' + 456 //123456


  • 123 + '456' //123456!



    • +で文字列を結合している




比較演算

if , for 必ず2つの値を比較。3つ以上は、分けてやる。



  • 123 > 456 false


  • 123 < 456 true


  • 123 > 123 false


  • a >= b;  aがbと同じ、またはaがbよりも大きい場合にtrue


  • a == b;  同じかどうか。等しければtrue、等しくなければfalse


  • '123' == '123' true


  • '123' == 123; true どちらかが数値ならば文字列も数値としてみられるため。


  • '123' === 123; false =を3つめにすると型の比較まで行う。


  • a !== b; aとbが等しくなければtrue!= は型まで比較しない

いよいよ実践めいた事に入ってきました。

そろそろ脳が拒否反応を表しだしております。 :head_bandage:

超初心者が受けるJS社内勉強会:第4回