Posted at

Laravel+Reactのセットアップメモ

以下、composerがインストールされていることが前提になります。


セットアップ


プロジェクト作成

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel $project_name


プロジェクトフォルダへ移動

cd $project_name


react環境のセットアップ

php artisan preset react

npm install && npm run dev

以上でlaravel+react環境のセットアップ完了


動作確認


開発サーバ起動

php artisan serve

http://localhost:8000にアクセスして、laravelの動作を確認


React環境の動作確認

/resources/views/welcome.blade.phpのbodyの中身を以下のように書き換えて、再度http://localhost:8000にアクセスすると、ビルド元の/resources/assets/js/components/Example.jsの内容が表示されるはず。

<body>

<div id="example"></div>
<script src="{{mix('js/app.js')}}" ></script>
</body>


ファイル監視の起動

npm run watch

これで/resources/assets/js/components/Example.jsをいじると自動ビルドされるはずなので、再度http://localhost:8000にアクセスすれば、変更が適用されるはずです。


参考ページ

PHPフレームワーク「Laravel」を使ってReactデビューしてみよう!

Laravel 5.7 インストール